小顔になって顔をほっそりとさせる方法とは?

小顔は持てはやされています。 人と会ってまずはじめに見るのは顔ですから、顔がほっそりとして小顔であれば、その人自身もほっそりとしたイメージになります。 だからこそ顔をほっそりとさせるトレーニングは効果が絶大なのですが、顔をやせたり小顔にするのは簡単ではありません。 顔のまわりは脂肪がたまりやすく、また老廃物や水分もたまりやすい場所です。 という事は、顔のまわりの老廃物や余分な水分を取りむくみを解消すれば顔もすっきりとして小顔になれるという事です。小顔になれれば全体の印象がほっそりとします。 ではその老廃物をきちんと流してむくみを解消するためにはどのようなエクササイズが有効なのでしょうか。 私のやり方ですが、あっかんべーの要領で舌を出すやりかたです。 大きく息を吸って、あっかんべーで舌をだしゆっくり息を吐き出すのを繰り返します。 舌を出すことによって顔まわりから首筋にかけての筋肉が刺激されます。 また、舌自体がのどの奥にあるインナーマッスルにつながる筋肉でもあるので、舌を出す運動で顔まわりが刺激され余分な水分や老廃物が流れます。 あごや首筋の筋肉も動くので二重あごなどにも効果があります。 顔は一番目につきやすい部分なので、顔をすっきりほっそりと小顔にすれば全身もほっそりとしている印象になるのでぜひ小顔にしていきましょう。

Menu

HOME

 TOP