ダイエットの停滞期を乗り切り、リバウンドを防ぐ方法とは?

ダイエットをはじめると、1ヶ月くらいは順調に体重が減ることが多いです。 ですが1ヶ月ほどたつと急に体重が減らない時期がはじまります。これが停滞期です。 停滞期はだいたいダイエットをはじめて1ヶ月ほど経った時、または体重が5%(50キロの人なら2.5キロ)軽くなったときにはじまると言われています。 そして停滞期は1ヶ月ほど続くと言われています。 この時期にあきらめてしまったり、逆に無理なやり方に変えてしまうとリバウンドへと一直線です。 ちなみにこの停滞期ですが、身体が本来もっている防衛機能です。 食べるものが減った時などに身体を守るために代謝を抑えたり、エネルギーの吸収が増えたりする現象です。 と言われるとダイエットをしている人にとってはいやなものかもしれないですが、これは人の身体に備わった防衛機能なので体重が減らなくても気にしないようにしましょう。 では停滞期をのりきる為にに大切なことは何でしょうか。 それは今までの規則正しいダイエット生活をつづけることです。 停滞期に入ったということは痩せる仕組みがきちんとできたことを意味しますから、その生活リズムや食生活を続けることが大事です。 体重の減りはあまりないですが、しくみは正しいのでそのままつらぬくことが大切です。 また、体重が5%減ると停滞期に入るので、それを逆に利用して1ヶ月に5%未満のダイエットをつづけるのも効果的です。 50キロの人であれば1ヶ月に2.5キロ以下の減量で抑える方法です。 こうすれば停滞期をなるべく少なくすることが可能になります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP