【化粧】鼻のテカリの原因を知って防止する【洗顔】

鼻のテカリは絶対に防ぎたいですよね。どんなに化粧を決めても鼻がテカるだけですべてが台なしになってしまいます。

鼻がテカる原因

もともとおでこと鼻はTゾーンと言って皮脂の分泌が多い場所です。

毛穴の奥にある皮脂腺という場所で皮脂が作られ、それが毛穴を通じて皮膚の表面に出てきています。これが鼻のテカリの原因です。

どんな人でも鼻はテカリやすい場所なので、ある程度はしょうがない部分もあります。ただ、テカリをなくしたいと思ってのスキンケアが間違った方法だと、余計に皮脂の分泌が増えてテカリがひどくなってしまいます。

テカリを悪化させない為には、正しいスキンケアを心がけ習慣にしていくことが大事になります。

鼻のテカリを防ぐ洗顔方法

洗顔をする際に、鼻の油を落としたいからと言って鼻の部分だけゴシゴシと洗う人がいます。ただこれが鼻のテカリを悪化させる原因になってしまいます。

鼻の皮脂を洗顔で落としすぎると、足りない皮脂を補う為にさらに余分な皮脂が分泌されるようになってしまいます。

洗顔をする際には顔をゴシゴシとせずに、やわらかい泡でやさしく洗っていきましょう。すすぎの際にもなるべく指が皮膚をこすらないように、やさしく丁寧にすすぎましょう。

あぶら取り紙を使いすぎない

化粧崩れが気になるとついあぶらとり紙を使ってしまいます。ただ、あぶらとり紙を使いすぎると、必要な皮脂まで取ってしまうことがあります。

そうなると、「テカる→あぶらとり紙→皮脂が足りないから余分に皮脂が分泌される→余計にテカる」という悪循環に陥ります。

気になるのは分かりますが、なるべくならあぶらとり紙は使いすぎないように注意しましょう。

ファンデーションの塗りすぎに注意

テカリを気にしたり化粧崩れを気にしてファンデーションを塗りすぎると逆効果になります。

過剰に分泌された皮脂と厚塗りされたファンデーションが混ざって、さらに化粧崩れを招きます。さらに時間が経過すると酸化してしまい、肌の黒ずみの原因にもなってしまいます。

テカリはある程度放っておくこと

テカリは気になりますが、気にしすぎないことが大事です。

良かれと思ってとった対処が余計な皮脂の分泌をよんでしまいます。ガマンできるところはガマンして、最小限の対処で余分な皮脂の分泌を抑えるようにしましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP