【残業が多い人向け】夜型でも痩せるダイエット方法

残業が多い人はダイエットに取り組むのが難しいとよく言われます。実際に、残業の多い女性は肥満率が高い、というデータもあります。

今日は、なぜ残業が多いと太るのか、その原因と対策をご紹介します。

残業が多いと夜ご飯の時間が遅くなる

「夜10時以降に食べたものは脂肪に変わりやすい。」というのは良く知られています。ただその原因については誤解されることも多いです。

よく言われるのは「寝る3時間前までにご飯を済ませるのが良い。だから10時以降に食べると、食べ終わって1~2時間で寝ることになるので太りやすい。」と言われるものです。

この理屈で行くと「夜10時以降にご飯を食べて深夜1時以降に寝れば太らない」という理屈になるんですが、夜10時以降に食べると寝るまでに3時間以上時間を空けても太ります。

これはBMAL-1という体内時計を制御するタンパク質の働きなのでしょうがないです。BMAL-1の働きで、夜10時以降の食事は脂肪に変わりやすくなっています。

残業が多いとコンビニ飯になりがちで太る

仕事終わりにスーパーで買い物できれば良いですが、遅い時間には閉店しているスーパーも多いです。しかも夜遅くにスーパーに行って家に帰って調理をするのも面倒です。

となると残業終わりにはコンビニでご飯を買うことになります。コンビニ飯はカロリーが高く、脂っこく、太る原因になってしまいます。

仕事が夜遅くても太らない対処法

夜ご飯は野菜中心にする

野菜と言ってもサラダじゃなくても大丈夫です。

とりあえず野菜を使ったメニューを摂るようにしましょう。煮物や具だくさんの味噌汁や野菜スープなどなら作り置きできるのでオススメです。ただ、食物繊維は消化が悪くなるので、食物繊維はなるべくお昼までに食べる方が良い。

ランチをガッツリ食べる

これはBMAL1の働きを利用するダイエット法です。

BMAL-1の働きによってお昼はガッツリ食べても脂肪になりづらいです。さらにお昼に油ものを食べれば腹もちが良いので夜ご飯を少なくできる、という効果もあります。

6時くらいにちょっと食べておく

仕事場にもよりますが、仕事中に食べられる職場なら6時くらいに少しご飯を食べておくのも効果的です。

夕方の6時くらいに少し食べておけば、仕事終わりに食べる量を減らすことができます。できれば6時に食べる間食はお菓子や菓子パンじゃなくて太りにくいものの方が良いです。

お菓子や菓子パンは腹もちが悪いので夜ご飯の量を減らす効果がなく、間食を食べた分だけ太りやすくなるので注意が必要です。6時の間食は夜ご飯の量を少なく済ませることが目的なので夜ご飯の量は調整しましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP