食卓の色使いで食欲をコントロールして痩せよう

ダイエットと色は切っても切れない関係です。

人間には五感が備わっていますが、食事で美味しそうかどうかを判断する際にもっとも利用している感覚は視覚と言われます。

同じ食事でも、色によって美味しそうに見えたりまた色によっては食欲が減退してしまうこともあります。

食欲と色の関係性について

美味しそうに見える色

食べ物がおいしそうに見える色は赤や黄色です。赤はお肉の色ですし黄色は豆類や根菜などの色です。こういった色が鮮やかに出ている食事は美味しそうに見えます。

ちなみにカフェ等で使われるウッディな茶系統も、もともとは赤や黄色に黒を混ぜてトーンを落としたものです。また食事を写真で撮る時も赤や黄色を鮮やかに写すように意識すると美味しそうに見えます。

食欲が減退する色

逆に美味しくなさそうに見えるというか、食欲が減退するのは青色系統です。青だけでなく紫なども含まれますが、寒色系の色は食事が美味しくみえない色です。

色と食欲の関係は飲食店でも取り入れられている

こういった色と食欲の関係は飲食店でも取り入れられています。

たとえば照明。飲食店の照明は温かみのある暖色系の電球色が多いですよね。電球色の照明は暖色系統なので食事を美味しそうに見せる効果があります。

あとはレストランのテーブルクロスやランチョンマットも赤や黄色やオレンジなど暖色系のものが使われることが多く、食事を美味しそうに見せる効果があります。

ダイエットをするなら青を上手く使う

一般的に食事は美味しそうに見える方が良いんですが、ダイエット中はちょっと特殊です。

あまり美味しそうに見えたり食欲が湧きすぎると食べ過ぎに繋がるので、食欲を抑える色を使うことが大切です。

例えばテーブルクロスを青系統にするのはオススメです。ただお皿を青にすると料理自体がおいしくなさそうに見えるので、個人的にはおオススメしないです。

また、照明にも工夫ができます。暖色系、電球色の照明よりは、蛍光灯など白や青白い系統の照明を使えば、無駄に食欲が湧きすぎるのを防いでくれる効果があります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP