【注意】シャワーで洗顔をすると肌荒れやニキビの原因に

お風呂に入った時に洗顔をするとついシャワーですすぎ流してしまいがちですよね。ですがそれが肌荒れやニキビの原因になっています。

なぜシャワーで顔を洗い流すのが肌荒れの原因に?

シャワーが肌にとって大きな負担になるのはふたつの原因があります。

シャワーの水圧が肌にとって強すぎる

せっかくお風呂に入っているんですし、シャワーの強い水圧で顔をすすげば楽ですよね。さらに水圧が強くてしっかりと洗い流せている感じもします。

ですが、お風呂中はもともと肌がふやけて柔らかくなっているので、そこにシャワーの水圧がかかると肌にとっては強すぎる刺激となります。

普通の肌と比べても顔の皮膚はかなり繊細にできているので、なるべく刺激を少なくする事が肌荒れを防ぐ大事なポイントになります。

シャワーの温度が肌にとって高すぎる

洗顔に適切なお湯の温度は30~35度のぬるま湯です。体温よりも少し低い温度ですね。普通に身体を温める40度程のお湯で顔を洗ってしまうのは顔の皮膚にとって刺激が強すぎます。

熱いお湯で顔をすすぐと肌にとって必要な、肌のバリア機能を果たす皮脂までお湯で流れてしまいます。そうなると乾燥の原因になりますし、皮脂を落としすぎることで足りない皮脂を補おうとして過剰な皮脂が分泌されてしまいます。

お風呂で洗顔をする場合はどうすれば良いのか

お湯の温度

洗顔で使うお湯は30~35度のぬるま湯を使いましょう。体温より少し低い温度なので冬場は少し冷たいと感じるかもしれないですが、これくらいの温度が肌への刺激を抑えた温度になります。

よく泡立てる

もちろん洗顔料をよく泡立てて、指が直接肌につかないように洗うようにしましょう。ゴシゴシこすらなくても皮膚の汚れや余分な皮脂はしっかりと落ちます。

すすぎも指はなるべく肌にふれないように

シャワーですすぐのは良くないと言っても、指でゴシゴシと洗い流すのも良くないです。泡を転がすのと同じような要領で、ぬるま湯を肌で転がすようなイメージで、やさしく丁寧にすすいであげましょう。

洗顔の仕方だけで肌荒れやたるみは防げる

間違った洗顔方法は顔の水分量を減らし過剰な皮脂の分泌をまねく要因になります。さらに指でゴシゴシとこすると毛穴が広がったりたるみの原因にもなります。

指でゴシゴシと洗顔はせずに、30~35度のぬるま湯を使い指が直接肌に触れないように意識してやさしく丁寧に洗うだけで肌の調子はずいぶんと良くなります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP