【デスクワーク】太らない椅子の座り方を知っておこう

座ったままのデスクワークは太りやすいと言われます。特に女性は座ったままだとリンパの流れが滞りがちになり、男性よりも太りやすいですね。ただ、いくつかのポイントを心がけるだけで太るのを防ぐ座り方になります。

太りにくい座り方のポイントをご紹介

今日はデスクワークでも太りにくくなるポイントをご紹介します。

腰が90度の角度になるように座る

まずは背もたれとお尻がきちんとくっつくように座ることがポイントです。背もたれとお尻がくっつくことで背筋が伸びて骨盤が90度の角度できちんと立つようになります。この骨盤の角度を90度に保つことが大事です。

骨盤が倒れてしまうと猫背の原因になるので、骨盤を立てて腰が90度の角度を保てるように座りましょう。

クッションを活用して太らない姿勢を作る

背もたれが深い位置にあったり、お尻が背もたれの位置に届かない場合は、クッションを背もたれと背中の間に挟みましょう。

クッションが背中と背もたれの間にはさまることで、背中がまっすぐになり骨盤も立った状態をキープしやすくなります。

足を組むと骨盤が歪んで太りやすくなる

足を組むと背骨が歪んでしまいます。もし足を組むのがクセになっている人は背骨が歪んでいる可能性が高いです。

特に、片方の足は組むのが楽で逆側の足を組むとバランスが取り辛い人は背骨が歪んでいるケースが多いです。足を組むのは習慣なので、組まないように習慣化すれば治ります。ちなみにクッションを膝で挟んで座ると脚を組むのを防げますし、足の内側の筋肉が鍛えられO脚の改善にもつながります。

アゴを引いて座る

猫背の人はアゴが出てしまいがちです。そういう人は腰が90度にならず骨盤も倒れてしまうので姿勢が悪く太りやすくなります。

PCを操作するときにも、アゴを引いて背筋を伸ばして作業をするようにしましょう。それだけで姿勢も綺麗になって太りにくくなります。

休憩では肩甲骨を動かす

座り仕事ではパソコンを操作することが多いと思います。パソコンを操作する時には肩が前に出て肩甲骨が開いた状態になりますよね。

この状態が長く続くと猫背になりますし肩甲骨まわりにあるリンパ節の流れも悪くなってしまいます。定期的にストレッチをして肩甲骨を動かしてほぐしましょう。

椅子の下で足の運動をして痩せる

座ったままだからと言って足をまったく動かさないと血流が悪くなりむくみの原因になります。座ったままでも足を上下に動かしたり足首を回したり、意識して動かしてあげましょう。

とくにふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下半身の血流を心臓に押し戻すポンプの役割をしています。座ったままでもふくらはぎは意識して動かすようにしましょう。

正しい姿勢は太りにくいし肩こりの予防にもなる

座り方が悪いとむくみやすく太りやすくなります。骨盤を立てて背筋を伸ばして肩が前に出ないように意識して、正しい姿勢で座るように心がけましょう。

これだけで太りにくくなりますし、肩こりの予防にもつながります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP