ニキビ・肌荒れと腸の関係性について

なかなか治らないニキビはテンション下がりますよね。特に、スキンケアをきちんとしてるのになぜか治らないニキビはどうして良いか分からず困ります。

実はなかなか治らないニキビの原因は腸内環境にあるのかもしれません。

ニキビと腸内環境の関係

肌は身体の内側の状態が映し出されたものなので、肌の表面だけケアしても治らないケースは多いです。

特に腸の状態と肌の状態は関係性が深いです。腸に老廃物がたまると老廃物込みの血液が全身を巡ることになります。すると老廃物が毛穴の皮脂汚れと合わさることでニキビや吹き出物の原因になってしまいます。

腸は人間の身体の中でもっとも汚れやすい場所です。

逆に言えば腸内環境を整え綺麗にすれば綺麗な血液が全身を巡回します。さらに腸で栄養分もきちんと吸収され新陳代謝も良くなり、ニキビは劇的に改善します。

腸が汚れる原因を知る。

まず腸が汚れる原因を知りましょう。腸が汚れる大きな原因は3つあります。

動物性タンパク質の過剰摂取

腸の中には宿便と呼ばれる汚れがあります。宿便というのは食べ物の残りかすや古くなった細胞のことです。宿便は肉や卵など動物性のタンパク質を摂りすぎていることで溜まりやすくなります。

加工食品の添加物の取りすぎ

加工食品の取りすぎも腸に負担をかけて、汚れがたまる原因になります。加工食品は脂っこい食品も多く、それも腸の汚れの原因になります。

小麦粉食品の取りすぎ

小麦粉は便秘の原因になる、と良く言われます。それは小麦粉が腸内で長く留まってしまうことが原因です。腸内に長く留まった小麦粉の残骸が腸の汚れになってしまいます。

腸内環境を正常に戻すには

では腸の中を清潔に保つにはどうすれば良いのでしょうか。それは上で挙げた「腸が汚れる原因」を取り除くことが大切です。

具体的には、
・動物性タンパク質を適切な量に留める。
・加工食品をなるべく食べない。添加物もなるべく少なくする。
・小麦粉食品もなるべく少なくする。
これだけです。

ただタンパク質はダイエットに必要なものなので、全く取らないと本末転倒です。食べ過ぎに注意することが大事です。

加工食品は完全に絶つことは現代人の食生活では難しいですが、なるべく控えめにしていきましょう。小麦粉食品も同じです。完全に絶つのは難しいので控えめにしていくことが大切です。

腸内環境を浄化する

さらに腸内環境を浄化するのもダイエット効果や美肌効果があります。

腸内を清潔にするには水を多く摂りましょう。1日1.5リットルが目安になります。ただし食事中に水を飲みすぎると胃酸の働きが弱くなるので、食事中はコップ1杯程度にとどめましょう。

またヨーグルト、納豆などの発酵食品や食物繊維の豊富な食材を食べることはダイエット効果やニキビの改善、美肌にかなり大きな効果があります。

特にヨーグルトはオススメです。たくさん食べる必要はないので、少しずつでも毎日食べ続けることでダイエットや美肌効果が実感できるようになります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP