正月太りを解消する方法~早くしないと元に戻りづらくなります。

お正月明けに人に会うと毎回「太った?」と聞かれませんか。また、周りの人に対してもも「この人太ったなぁ」と思うことはありませんか。

お正月はどうしても太る時期なので、早めに体型を元に戻す事が大事になります。

脂肪は時間が経てば経つほど落としにくい

脂肪はついてから時間が経ったもの程落としにくいと言われます。逆についたばかりの脂肪は比較的落としやすいです。

という事は、年末年始でついてしまった脂肪はなるべく早くに落とし、元の体型を取り戻した方が楽になります。

お正月太りの原因は何?

年末年始はサービス業を除き、基本的に仕事が休みになる人が多いですよね。

しかも連休になるのでついダラダラとした生活になりがちです。また深夜に特番をやっていたりして、睡眠サイクルもおかしくなる事もあります。

ダラダラしながら普段よりもたくさんの食べ物を時間関係なく食べる事で、胃腸が常に活動している状態になります。胃腸が常に活動しているので脂肪が普段よりもいっそう溜まりやすくなってしまう、というわけです。

お正月太りを解消するには酢の物

お正月太りを解消するのに効果的な食べ物は酢の物です。

お酢は体内の新陳代謝を活発にしてくれる効果があります。クエン酸サイクルと言って、余分な脂肪や疲労物質を体外に排出してくれるので、正月太りの解消にはもってこいです。

しかも、おせち料理は塩分が多めの食べ物が多く、むくみがちになります。そういったむくみを解消する為にも、アルカリ性食品の酢の物は効果を発揮してくれます。

冷え性対策も正月太り解消に効果的

年末年始は当然冬なので冷え性になりがちです。

冷え性になって血流やリンパの流れが悪くなると、太りやすくなります。食事では意識して代謝を良くするショウガや温かい食べ物を食べることが大事です。

また、お腹周りや下半身を冷やさないように服装を工夫しましょう。さらに適度に運動やマッサージをして、体内の血流やリンパの流れをよくするように意識しておきましょう。

正月太りを解消するには体内時計を元に戻すこと

お正月は睡眠サイクルが不規則になって体内時計が崩れがちです。

体内時計が崩れると太りやすい体質になってしまうので、正月明けはまず生活リズムを取り戻すことが大事になります。朝ご飯を食べて、午前中に日に当たり、夜はしっかりと寝るようにしましょう。

また、ついたばかりの脂肪は落としやすいので、お正月明けには意識して運動をしていくようにしましょう。脂肪はついてから時間が経てば経つ程落としにくくなります。なるべく早めに元の体型を取り戻すことが大切なポイントです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP