ダイエット目的でのランニングで重要なことってなに?

ダイエットにおいて王道とされるものと言えば、「有酸素運動」ですよね。

有酸素運動の中でも特に王道とされるのがランニングです。

ただダイエット目的でランニングには注意点があります。

ダイエット目的でランニングを始めて20分の間は食事でとったものが主なエネルギー源として使われ、20分を過ぎたところから身体の脂肪が主なエネルギーとして燃焼されます。

もちろんこれは主なエネルギー源の話で、20分以内のランニングでも脂肪燃焼効果はあります。ただできれば脂肪燃焼を目指すなら20分以上走る方が効果的ですね。

という訳で有酸素運動はだいたい30分くらい続けた方が効果的なんですが、実際のところ30分のランニングはかなりつらいです。

特に普段運動をしない人からするとこの30分の長さはかなりのものに感じられると思います。

ただ、普通に30分走り続けるのはつらいですがやり方を工夫すればなんとかなります。

例えば好きな音楽を聞きながら走るのも良いですね。

ランニング用に30分のプレイリストを作っておくと楽しみながら走れそうです。

ランニングは15分から20分くらいではじめのしんどさが来るのでその辺りでテンションの上がる曲を入れておけばもうひと踏ん張りできるかもしれません。好きなアーティストがダイエットを応援してくれている気持ちになれるかもしれないです。

あとは、なにも30分走り続けないといけない訳ではありません。

途中で歩いても大丈夫なのでとにかく30分は足を動かし続けることがダイエット効果を大きくしてくれます。

ランニングをしていてつらくなったらウォーキングに切り替えて疲れが取れたらまた走る、というやり方でも大丈夫です。

この辺りは個人的な方法なのであまりペースを変えたくない人はゆっくりと30分走るのも良いです。

ウォーキングだとなかなか脂肪燃焼効果が得られないのですが、ウォーキングに近いくらいのランニングでも自分なりに脂肪が燃焼されている感じがあればそれは効果が望めます。

あとは基本ですが、服装やシューズは走りやすいものを選ぶことも大切です。

特にシューズは直接足の負担を左右するものですから、自分の足に合って走りやすいものを選ぶようにしましょう。

シューズ選びも楽しみのひとつだと考えればダイエットも楽しみながらできそうですね。

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP