運動初心者でも始めやすい、二の腕を細くするエクササイズ

二の腕が太いと肩幅も広く見えますし、全体的に太った印象になりますよね。

ダイエットをする人でも二の腕を細くしたい人は多いと思います。

二の腕の脂肪は落としにくい

ただ二の腕は一度脂肪が付いてしまうと脂肪を取り除くのが難しい場所です。さらに放っておくとセルライトになってしまい、さらに取り除くのが難しくなってしまいます。

そんな二の腕を細くするには、二の腕の筋肉(上腕三頭筋)を鍛えることが効果的です。

上腕三頭筋はいわゆる力こぶができる場所の裏側で、普段は意識しないと使わない筋肉です。その為ブヨブヨと脂肪がたまってしまいがちになります。ただ、上腕三頭筋をきちんと鍛えることによって、ホッソリと引き締まった二の腕になります。

運動不足の人でも始めやすい腕立て伏せ

二の腕を鍛えるには腕立て伏せが効果的ですが、普段から運動をしない人にとっては腕立て伏せは負荷が強すぎますよね。そんな人にオススメなのが、壁を使った腕立て伏せです。

やり方は簡単です。

床に手をついて腕立て伏せをする代わりに、壁に手をついて腕立て伏せをするだけです。

この時意識するのは、動きをゆっくりにすることです。

2,3秒かけて腕をゆっくりと曲げて、腕を曲げた状態を5秒ほどキープしましょう。腕を伸ばす時にも2,3秒かけてゆっくりと戻しましょう。これを10回ほど繰り返します。

壁を使った腕立てはとにかくゆっくりと動かすことが大事です。

壁を使った腕立て伏せのメリットと効果は

この壁を利用した腕立て伏せなら身体への負荷が少なくて済みます。その為、普段から運動不足の人にとってはちょうど良い負荷になります。

普段から運動をしない人がいきなり普通の腕立て伏せをするとケガをすることがあるので、運動をする場合は少しずつ負荷を強くしていきましょう。

二の腕は脂肪がたまりやすく落としにくい場所なので、すぐ効果が出なくても粘り強く続けていくことが大事です。

Menu

HOME

 TOP