【痩せる】果物の皮の活用法とは?【もったいない】

果物は皮まで使ってダイエットしよう

果物と言えばダイエットや美容にピッタリで効果抜群な食材です。美容やダイエットを気にする人のほとんどは日々の食事に取り入れているのではないでしょうか。

ですが果物は普通に食べるだけでは勿体ないです。普段は捨てる皮の部分にこそ栄養が豊富に残っています。特に皮の部分には抗酸化作用が強くアンチエイジング効果や肌荒れの改善などに効果があります。

という訳で今日は果物の皮の活用法をご紹介します。

果物の皮の洗い方

果物の皮を食べる、というと気になるのは残留農薬です。気になる人はオーガニックや無農薬のものを使いましょう。

無農薬や普通の国産のものに限らず、皮を使う際にはきちんと水洗いが必要です。気になる人は水で洗う際に、塩水や酢水で洗いましょう。

皮の用途

かんきつ類の皮

ミカンなど柑橘類の皮は最も使いやすい皮です。細かく切ったりすりおろしたものをお吸い物などに使えば風味がアップします。砂糖漬けやジャムとして活用するのもオススメです。

リンゴの皮

リンゴの皮はポリフェノールやペクチンなどが豊富に含まれています。これらは強い抗酸化作用を持つので高い美容効果が期待できます。

使い方は紅茶に入れてアップルティーにしても美味しいです。自然のリンゴなので自然な風味が楽しめます。ティーバッグと一緒にリンゴの皮を入れて、あとはお湯を注いで数分待つだけなので簡単です。

大根やニンジンの皮

大根やニンジンの皮はきんぴらにするのがオススメです。キンピラにすれば皮の固さも気にならずに食べることができます。特にニンジンや大根は皮の実の間の部分にもっとも栄養が豊富に含まれているので効果的に活用していきましょう。

皮ごとスムージーにする

きちんと洗ったものならまるごとスムージーにするのも効果的です。スムージーにすれば皮の固さや味も気にならずに栄養分を取ることができるので一石二鳥です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP