顔の歪みを治すにはガムを噛むのが効果的

美人の条件は「顔が左右対称なこと」

美人の条件のひとつは「顔が左右対称」だと言われています。たしかにどんな美人でも顔が歪んでいると魅力が半減してしまいますよね。

と言っても知らず知らず顔を左右非対称にして歪ませる習慣が身についている人は多いです。

顔が左右非対称に歪む原因

顔が左右非対称に歪む原因はいくつかあります。

まずは食べ物を片方で噛むこと。これはアゴの筋肉のバランスが悪くなって輪郭から非対称になってしまうので注意が必要です。

さらにカバンをいつも同じ肩に掛けることや頬杖をつくことも、骨格から歪んでそれが顔の歪みに繋がってくるので注意が必要です。

あとは寝る時に横向きで寝るのも顔の歪みの原因になります。

特に食べ物を片側でばかり噛む人は輪郭から左右が歪んでしまいます。輪郭から左右非対称ではいくら美人でも魅力的に見えないですよね。

左右対称に噛むクセをつけるガム噛み

ガムを噛む時には、意識しないと普段からよく噛む方の歯でばかり噛んでしまいます。

そこで、意識して普段とは逆側の歯を使って噛んでみましょう。はじめは不自然な気持ちがするかもしれないですが、それは普段使っていない筋肉が使われている証拠です。続けていけば自然と噛めるようになります。

ガムなら仕事中でも噛める人も多いですし、仕事中が難しければ通勤時間や退勤時間を使ってガムを噛むこともできます。

普段噛まない側で噛むことを意識すれば、そちら側のアゴの筋肉を鍛えることができます。また、偏った噛みグセも修正され、意識しなくても両側のアゴをバランスよく使えるようになります。

他にもある顔の歪みを治す習慣

あとは、カバンも普段から両側の肩にバランスよく掛けるように意識したり、寝る時はなるべく仰向けで寝たりするように意識しましょう。

すぐに効果が出るかと言えば微妙ですが、長く続けるうちに顔の歪みも改善されてくるはずです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP