ネガティブな人は顔や表情が非モテ顔に変わっちゃうよ

モテ顔の人はポジティブでモテない顔の人はネガティブ

「モテるからポジティブになるのか、ポジティブだからモテるのか。」 と言うとニワトリが先か卵が先かのようにも見えますよね。

でも実際にポジティブだからモテるようになります。逆にネガティブだと非モテになってしまいます。しかもそれは精神的なものではなく、実際に顔が変わってくるからなんです。

ネガティブだと顔にこんな変化が起こる

顔が左右非対称になる

人相学的に「顔の右側は作った顔、顔の左側は本当の顔」と言われます。

例えば芸能人の人でも右と左で表情の違う人がいますよね。そういった人の右側と左側の表情を見比べることで、その人の心の内側が少し透けて見えてきます。

芸能人だけでなく普通の人も、普段から愚痴などが多いと、いざ良い表情を作ろうとしても右側しか作れません。そうなると結果的に左右非対称の顔になってしまいます。

目元にシワが出来てモテなくなる

目には人格が現れます。昔から「目は口ほどにものを言う」と言われますが、あながち間違いではありありません。

具体的に、ネガティブで愚痴や不満が多い人は白目がちになります。人相学的にも黒目がちな方がモテますし、白目がちは人相的に良くないと言われます。また眉間にしわが寄ります。眉間にしわが寄っているのは人相的にも良くないと言われています。

口角が下がって唇が薄く非モテ顔に

不平不満が多いと口角が下がってしまいます。これは良く言われることで有名ですよね。勿論人相的にも口角は上がっている方が良いですし、口角が上がっている人の方がモテやすいです。

さらにネガティブになると唇が薄くなるとも言われます。唇の厚さは人相学的に情の厚さを表すとされています。唇が薄い人は人相的にクールで利己主義と見られがちです。好みの問題もありますが、基本的には唇の厚い方が人相的にはモテる顔と言われています。

表情筋が衰えてシワやたるみの原因に

ネガティブなことを考えているとストレスで表情筋が衰えてしまいます。

表情筋が衰えるとシワやたるみの原因になります。さらに毛穴も大きくなり目立つようになってしまいます。

逆にモテる顔はどんな顔?

モテる顔というのは「左右対称の顔で、黒目がちで、眉間も綺麗で、口角が上がっていて、ふっくらした唇で、表情が豊かで、シワやたるみがない顔」と言われています。文字にするだけでモテそうな感じです。

ポジティブであることを心がけるだけで顔の作りや雰囲気から変わってきます。モテ顔は整形なんてしなくても自分で作ることができます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP