運動しても痩せない人の特徴とは

ダイエットをしようと思って運動をする人は多いですが、運動をしても痩せる人と痩せない人がいますよね。

では、運動をしても痩せない人は運動で痩せた人と何が違うのでしょうか。

痩せる人、痩せない人の違いは食事

まず基本は食事です。

せっかく運動をしたのは良いですが、運動をしたんだから沢山食べても大丈夫だろう、とつい食べ過ぎてしまう人は多いです。

ただこれが運動をしているのに痩せない人の最も多いパターンです。

ダイエットは消費カロリーと摂取カロリーのバランスが重要なんですが、運動をしてカロリーを消費したから摂取カロリーを増やしても良い、といった帳尻合わせはダイエットが失敗する大きな原因になります。

せっかく運動をしたなら、その消費カロリーを活かす為に食べる量は普段とあまり変えないことが大事です。

食事制限は基礎代謝が落ち、太る原因に

また逆に食べなさ過ぎても太りやすい体質になってしまいます。

過度な食事制限をすると身体が飢餓状態と勘違いしてしまい、少しの摂取カロリーを必要以上に吸収する、所謂太りやすい体質になってしまいます。

さらに過度な食事制限をすると筋肉量が落ちるので基礎代謝が落ち、運動をしてもなかなか痩せない体質になってしまいます。

運動が不定期なのも痩せない原因

あとは運動が不定期で習慣になっていない人も、運動しても痩せない人と言えます。

例えば週に1回程度ジムに通って思い切り運動をする、という人は多いですよね。ですが運動は習慣にして少しずつでも毎日続けることが大事です。

たまにジムに通って汗を流したことで満足してしまうとなかなか痩せません。特に汗をかくと達成感がすごくあるので痩せた気になるんですが、週1回の運動では痩せる体質になることは難しいです。

それよりは、激しくない運動でも毎日少しずつ継続して行う方がダイエット効果は高くなりますし、習慣化して続きやすくなります。

今、身体のどこが鍛えられているのかを意識しない人は痩せない

また、運動をする時は効果的に筋肉を使うことが大事です。筋肉量を増やすことで基礎代謝も上がり痩せやすく太りにくい体質になります。

ただ、普段運動をしない人がいきなり運動をすると筋肉の使い方が上手くなく、運動の効果が出にくくなることは多いです。

今この運動でどこの筋肉が鍛えられているのか、をしっかり意識することが大事になります。

正しい筋肉の使い方と正しい姿勢を意識することは運動効率も上がるし、普段の姿勢や立ち姿も美しくなります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP