生理前の1週間だけ豆乳を飲むと痩せるダイエット

「生理前は太りやすい」というのは良く知られた法則ですよね。

でも、生理前に1週間ほど豆乳を200ml飲むだけで痩せる、という方法があるんです。

なぜ生理前に豆乳を飲むと痩せるのでしょうか。

なぜ生理前は太りやすいのか

その説明の前に、そもそもなぜ生理前は太りやすいのか、そこには理由があります。

「母ホルモン」ブログステロンの働き

生理前には「母ホルモン」と呼ばれるブロゲステロンというホルモンが増加して、身体が妊娠に備えて準備を始めます。

その為生理前には食欲が増加すると同時に代謝が落ちて、むくみやすく脂肪が付きやすくなってしまうという訳です。

生理前は「幸せホルモン」セロトニンが不足する

さらに幸せホルモン「セロトニン」が不足するので精神的にも不安定になり食欲が増加し、活発さもなくなる為運動にも向かず太りやすくなるという理由もあります。

生理後に痩せる理由

ただ、生理前に太りやすくなるのと同じように、生理後には痩せやすくなります。

「美人ホルモン」エストロゲンの働きで痩せる

これにも理由があって、生理後には「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンの働きが優位になります。その為、生理前にたまった老廃物が排出されやすく脂肪も燃焼されやすくなって、生理後には痩せやすくなる、という訳です。

つまり生理前に太って生理後に痩せることでプラマイゼロになるような仕組みになっています。

生理前に太らなければ生理後に痩せる

ということは生理前に太りやすくなる時のプラスを抑えれば生理後に痩せやすくなって結果的に痩せる、ということになります。それを利用したのがこの豆乳ダイエットです。

生理前に豆乳を飲むことで脂肪の蓄積を抑えれるには理由があります。

豆乳で痩せる理由

まず大豆と言えばタンパク質ですが、大豆のタンパク質は動物性のタンパク質と比べ低カロリーで基礎代謝を上げてくれます。

さらに体内での消化吸収に時間がかかるので、腹もちが良く満腹感を得やすいのも特徴です。

大豆サポニンの効果で痩せる

さらに豆乳には大豆サポニンという成分が含まれています。

この大豆サポニンには小腸からの脂肪の吸収を抑え、血液中のコレステロールや中性脂肪を排出してくれる効果があります。

さらにカリウムがむくみの原因となる過剰なナトリウムを排出してくれ、ビタミンB群やマグネシウムやレシチンなどの成分が精神状態を安静にしてくれるので、余分な食欲がわくのを防ぐ効果があります。

豆乳にバナナを加えると効果アップ

ちなみにこの豆乳ダイエットにはさらに効果をアップする方法があります。

それは豆乳にバナナを加えるという方法です。バナナに含まれるビタミンEが豆乳のタンパク質の効果をよりアップしてくれます。

さらにバナナには幸せホルモン「セロトニン」の材料となるトリプトファンという成分が含まれているので、精神状態を安静にしてくれる効果もアップします。

また味も、豆乳特有の豆っぽさがバナナによって消えるので、豆乳が苦手な人でもバナナと一緒にドリンクにすれば楽に飲むことができるのもポイントです。

豆乳ダイエットの注意点

ちなみにこの生理前に豆乳を飲むダイエットですが、注意点もあります。

日本人は味噌や納豆など大豆食品を普段から多く摂っているので豆乳の飲みすぎには注意が必要です。一日200ml程度で充分なので、その位に抑えておきましょう。

豆乳を飲んで痩せるまでタイムラグがある

またこのダイエットは生理前の太りやすさを抑え、生理後に痩せやすくするダイエット方法です。その為、生理前に豆乳を飲んでもすぐ効果が出る訳ではありません。あせらずに生理後に効果が出るのを信じましょう。

生理前の1週間だけ実行すれば良いので面倒くさくないダイエット方法なのでオススメです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP