お腹の張りを解消するダイエットエクササイズの方法

ダイエットをする時に頑張って運動をするのも良いですが、できれば楽に痩せれた方が良いというのが本音ですよね。

運動も習慣になれば良いんですが、寒いとランニングやジョギングはツライものがありますし、ジムに通うのもつい不定期になってしまうことも多いです。

お家で簡単に、寝ながら出来るお腹の張りを改善する方法

できれば家の中で簡単にできる方が良いということで、今日は寝ながら出来る、お腹の張りを解消するエクササイズをご紹介します。

やり方は簡単です。

うつ伏せになります。

腕立て伏せの要領で両手をついて、上半身だけ持ち上げます。

この時、下半身は床やベッドにつけた状態で大丈夫です。腰から上の上半身だけ持ち上げます。

上半身を持ちあげた状態で背中を反らしながら、腹筋を意識して伸ばします。

この状態で30秒キープします。

これだけです。

かなり簡単ですし、寝転んだ状態でできるので、寝る前や寝起きにちょっとやるだけなので習慣化しやすいエクササイズです。

寝ながらできるこのエクササイズの効果

このエクササイズは腹筋を伸ばすことができますが、それ以外にもお腹の張りを解消してくれる効果があります。

ダイエットをする時に間違った食事法をするとお腹が張ったり便秘気味になることは多いです。

ちなみにお腹が張る原因ですが、腸内にたまったガスが原因のことが多いです。

このエクササイズで腹筋を伸ばしてあげることで腸内にたまったガスも解消してお腹の張りも改善することが期待できます。簡単で30秒で終わるエクササイズでお腹の張りが改善できるので嬉しいですよね。

ダイエット中にはお腹のガスを抜くことは大事

ちなみに腸内にガスがたまるのは、過度な食事制限によるストレスや逆に食べ過ぎによって起こるケースが多いです。

せっかくダイエットをしてるのにお腹にガスがたまると苦しいですしウエストも太くなって見た目も良くないですよね。

腸内のガスを解消するには、基本的に乳製品や食物繊維の豊富な食べ物や水分を多くとって運動をすることが効果的ですが、今回ご紹介したエクササイズも効果的です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP