どうしても夜食を食べたい時は何を食べると太らない?

「ダイエットをするなら夜食はとらずに夜はしっかり寝ることが大事」

というもの分かるんですが、そうは言っても毎日理想的な生活を送れるとは限らないですよね。

太りにくい夜食があるなら知りたい

どうしても夜遅くまで用事があったり、どうしても夜お腹がすいてしまうこともあります。

今日はそういう時にどんなものを夜食として食べれば太ることを防げるかご紹介します。

夜太りやすいのはなぜ?

そもそも 「夜に食べると太る」というのはなぜでしょうか。

まずは夜になると代謝が悪くなります。

人間の身体は交感神経と副交感神経のふたつがあり、夜は副交感神経の働きが強くなる為代謝が悪くなります。その為、夜に食べ物を食べると太りやすくなるという訳です。

さらに夜に食べると太る原因にBMAL-1(ビーマルワン)というたんぱく質の一種の働きがあります。

このBMAL-1は体内時計や生活リズムを働きを整える為のタンパク質ですが、時間によって多い時と少ない時があります。

昼は少なく夜は多くなるタンパク質なんですが、このBMAL-1というたんぱく質は脂肪の蓄積を促進させる働きがあります。

その為夜に何かを食べるとBMAL-1の働きにより脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。

どうしても夜食を食べるなら太りにくいものを

という訳でなるべくなら夜食はとらずに寝るのが一番ダイエットにとって効果的なんですが、どうしようもなく夜食を食べたくなる時の為に、どんなものを食べれば太りにくいかをご紹介します。

まずは低カロリーの食べ物です。

当たり前ですが夜食なので高カロリーはご法度と言えます。できれば100キロカロリー以下に抑えたいですが、200キロカロリーが夜食の上限になってきます。

夜食は消化の良いものが太りにくい

また、夜食では消化が良いものを食べましょう。

消化が悪いと胃腸に負担がかかります。さらに夜は胃腸の働きが鈍っているので、夜に消化の悪いものを食べると翌朝の胃もたれや胸やけの原因になります。

その為夜食ではなるべく胃腸の負担を軽い消化の良い食べ物にすることが太らない為には大事になります。

水分の多い汁物も夜食にはオススメ

あとは水分の多い汁物です。

汁物はカサが増すので満腹感を得やすくなります。さらに汁物は温かいので胃に負担を掛けないで済むところも良い点です。冷たいものは胃の負担になるので夜食では控えましょう。

夜食としてNGな食べ物、太る食べ物は何?

では逆に、夜食として食べてはいけない太りやすい食べ物は何でしょうか。

まずは脂分が多いものは控えましょう。

脂分が多いと胃に留まる時間が長くなり、消化に時間がかかり胃腸の負担が大きくなってしまいます。

食物繊維が多いものも夜食としては避けるべき

あと意外ですが、食物繊維の多いものも夜食として食べるのは控えましょう。

食物繊維の多い食べ物は消化が大変で胃腸の負担が大きくなるので、夜食としては不適切な食べ物です。

もちろん食物繊維はお昼に食べる分にはすごく良い食べ物なので、なるべくならお昼にたくさん食べるようにしましょう。

夜食としてオススメの太りにくい食べ物

以上の条件をまとめると夜食として太りにくい食べ物が見えてきます。

夜食として食べるなら、みそ汁や春雨ヌードルなどの汁物、あとはご飯の代わりに豆腐を使ったお茶漬けなどです。

もし甘いものが食べたいなら、ホットプレーンヨーグルトにハチミツを加えたものや、温めた甘酒などでも良いです。

勿論、夜食は食べる必要がなければ食べないに越したことはないですが、どうしても食べたい時にはこういったものを食べるようにしましょう。

食欲とは上手く付き合うことがダイエット成功の秘訣

また、食べる時は消化を良くする為に、よく噛んでゆっくり食べるように気を付けましょう。良く噛んで食べることで食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できます。

ガマンしすぎてストレスになってもダイエットは成功しないので、食欲とはうまくつき合うことがダイエット成功のポイントです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP