ダイエットに良い痩せる油はオメガ3系、オメガ9系の油。亜麻仁油やオリーブオイル。

脂質は太る?いや、身体に必要な栄養素なので選び方を知る

油というと、ダイエットの天敵のイメージが強いですよね。

確かにダイエットに良くない油も多いんですが、脂質は人に必要な五大栄養素にも含まれる成分なので一概に全部が悪いという訳でもありません。

ちなみに五大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルのことです。この五大栄養素はどれが欠けても身体にとって良くないです。

実際に脂質は体内の水分を逃さないようにしてくれる働きがあるので、脂質が足りないと肌の乾燥やシワの原因になります。もちろんニキビや肌荒れの原因にもなってしまいます。

そういったことを防ぐ為にも、ダイエット中とは言え脂質は必要な栄養素なんですが、選び方が重要なポイントになります。

ダイエットには不飽和脂肪酸を含む油を選ぶ

まず大きく分けて油は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。

飽和脂肪酸は、バターなど動物性脂肪に多い成分で、ドロドロ血の原因やコレステロール値の上昇の原因となっています。

対して不飽和脂肪酸は、魚に含まれるDHAやEPA、あとは植物性の油のことで、分解されやすく脂肪になりにくく酸化しにくいのが特徴です。

ダイエットに良い油を選ぶには、オメガ3系、オメガ9系を選ぶ

さらに不飽和脂肪酸は種類によって、オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の3種類に分類されます。

オメガ3系は、亜麻仁油やエゴマ油や魚油などが代表的な油です。

オメガ3系の油はaリノレン酸が多く含まれていて、心臓疾患の予防や生活習慣病の予防にも効果が期待されています。

オメガ9系は、オリーブオイルや菜種油などが代表的な油です。

オメガ9系には、オレイン酸が多く含まれていて、不飽和脂肪酸の中でも酸化しにくい油として知られています。

オメガ6系の油には注意が必要

オメガ6系は、大豆油やゴマ油、コーン油などが代表的な油です。

オメガ6系にはリノール酸が多く含まれていて、悪玉のLDLコレステロールを低下させてくれる効果があると言われています。

ただオメガ6系の油には注意が必要で、過剰摂取してしまうと善玉コレステロールまで減らしたりアレルギー症状を大きくしてしまうことなどが分かってきました。

ダイエット中でもちょっと摂取には注意しておきたい油です。

以上をまとめると、ダイエット中に適した油の選び方が分かってきます。

オリーブオイルや、亜麻仁油、青魚の油がダイエットに効果的な痩せる油

ダイエット中に選ぶのに適した油は、オメガ9系のオリーブオイルや、亜麻仁油や魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3系の不飽和脂肪酸などとなります。

オリーブオイルは身体に良い、というのは有名ですが、実際に成分を見ても身体に良くダイエットに効果的な油なんです。

ただ、オリーブオイルでも普通に精製されたオリーブオイルではポリフェノールなどのダイエットに良い成分が取り除かれてしまいます。

その為、ダイエット目的で選ぶならエクストラヴァージンオリーブオイルを選ぶようにしましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP