太もも、ふくらはぎの理想的な太さを身長から計算できる?

ダイエットの前に、「理想的なサイズ」を知っておく

ただ闇雲にダイエットをして痩せるぞ、と思ってもなかなか上手くいかないですよね。

せっかくダイエットするならまずは理想的と言われる体型を知っておいて損はありません。

とくに下半身太りや下半身痩せというのはダイエットに取り組む女性にとって大きなテーマですよね。

という訳で今日は身長から計算できる、理想的な脚の太さについてご紹介します。

「太もも」と「ふくらはぎ」の正しい測り方。測る場所は?

その前に、太ももやふくらはぎの太さを計り方ですが、メジャーを使って測ります。

測る時には立った状態で測りましょう。

ちなみに測る場所ですが、太ももは足の付け根部分の一番太い場所を測ります。ふくらはぎも中央より少し上の一番太くなっている場所を測ります。足首は一番細くなっているところを測ります。

ちなみに脚の太さは、測る場所が違うと結果が全然違います。正しい測る場所をきちんと知っておきましょう。

太ももの理想的な太さを身長から計算する

太ももの理想的な太さですが、これは「身長(センチメートル)×0.3」で計算できます。

身長ごとに計算してみると
身長150センチの場合:150×0.3=45センチが太ももの理想的な太さとなります。
身長155センチの場合:155×0.3=46.5センチが太ももの理想的な太さとなります。
身長160センチの場合:160×0.3=48センチが太ももの理想的な太さとなります。
身長165センチの場合:165×0.3=49.5センチが太ももの理想的な太さとなります。

ふくらはぎの理想的な太さを身長から計算する

ふくらはぎの理想的な太さですが、これは「身長(センチメートル)×0.2」で計算できます。

身長ごとに計算すると、
身長150センチの場合:150×0.2=30センチがふくらはぎの理想的な太さとなります。
身長155センチの場合:155×0.2=31センチがふくらはぎの理想的な太さとなります。
身長160センチの場合:160×0.2=32センチがふくらはぎの理想的な太さとなります。
身長165センチの場合:165×0.2=33センチがふくらはぎの理想的な太さとなります。

足首の理想的な太さを身長から計算する

足首の理想的な太さは、「身長(センチメートル)×0.12」で計算できます。

身長ごとに計算すると、
身長150センチの場合:150×0.12=18センチが足首の理想的な太さとなります。
身長155センチの場合:155×0.12=18.6センチが足首の理想的な太さとなります。
身長160センチの場合:160×0.12=19.2センチが足首の理想的な太さとなります。
身長165センチの場合:165×0.12=19.8センチが足首の理想的な太さとなります。

意外とカンタンに計算できますし、数字なので目標にしやすいのが良いですね。

脚のサイズは時間帯によって変わるので注意

ただ気を付ける点もあります。

脚の太さは時間帯によって大きく変わってきます。

立ち仕事の人は仕事終わりにはむくんで太くなりがちです。なので、ダイエットの目標として測る場合は、同じ条件と同じ時間帯に測るようにしましょう。

また、ついメジャーをグッと締め付けて細い数値を出したくなりますが、正確な数値を出す為には、メジャーがピタッと脚にくっつき、且つ締め付けがない状態で測りましょう。

脚やせのコツ

ちなみに脚やせのコツはきちんとした筋肉をつけることです。

脚が太い人は筋肉を付けるともっと太くなるんじゃないかと心配する人も多いと思いますが、実際は筋肉不足でむくんだりして足が太くなっているケースの方が多いのが実情です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP