落としにくい背中の贅肉を落とすエクササイズの方法

天使の羽というのは聞いたことがあると思います。

一般的には肩甲骨がクッキリと見えている状態を天使の羽と言いますよね。

ですが最近、天使の羽ならぬ悪魔の羽と言われるものが話題に出るようになりました。

背中の贅肉は厄介

悪魔の羽と呼ばれているのは背中にたまった贅肉です。

具体的に言うと、わき腹の横あたりから背中にかけて脂肪がたまり、後ろ姿を見た時に羽が背中に垂れ下がっているように見える現象です。

背中は自分で見て確認する機会が少ないので気付かない人も多いんですが、その分ジワリジワリと増えてきて、気付いた時には手でつまめるほどの脂肪の塊が付いていることも多いです。

さらに背中の贅肉は、元々脂肪の付きにくい場所についている為に一旦付いてしまうと落とすのに苦労するのが特徴です。

落としにくい背中の贅肉を落とすエクササイズの方法

今日はそんな背中の贅肉を付きにくくするエクササイズをご紹介します。

やり方は簡単です。

立った状態で両手をグーにして前に伸ばします。

両手をグーにしたまま肘をゆっくり後ろ側に引いていきます。

肘を背中寄りに寄せて、肩甲骨がグッと真ん中に寄るようにイメージするのがコツです。

以上の動きを10回程度繰り返すだけです。

背中に贅肉が貯まる原因とこのエクササイズの効果

凄い簡単なエクササイズですが、これで肩甲骨周りがずいぶんとほぐれます。

背中の贅肉は、デスクワークなどをすることで前かがみの姿勢が続いたり、猫背になることで肩甲骨が開いてしまうことが原因のひとつになっています。

肩甲骨が開くと背中の筋肉が使われずに衰えてしまうので、背中に贅肉がたまりやすくなってしまうので注意が必要です。

背中の贅肉は見た目年齢を大きく左右する

背中は年齢が出やすい場所ですし、自分以外の人の背中に目が行くことは多いですよね。

特に背中は年齢が出やすい場所ですし、その人の見た目年齢を大きく左右する場所でもあります。

背中がすっきりして肩甲骨がクッキリしている人は若々しく見えますし、背中がボッテリして贅肉が貯まっている人は実際の年齢より老けて見えますよね。

他の人の背中に目が行くことは多いと思いますが、それは他の人も自分の背中に目が行っているということでもあります。

自分では意識しないとなかなか見ることの少ない場所だけに、毎日お風呂上りに姿見で背中を確認することなども大事になってきます。

あとはエステなどでも背中について色々と教えてくれるので、たまにはエステを利用してみるのも背中に脂肪がたまるのを防ぐ良い方法です。

Menu

HOME

 TOP