ダイエットの基本:自分の適正体重と美容体重を計算する

ダイエットをするならまず知っておきたい適正体重と美容体重

ダイエットをする時にはまず目標体重を決めますよね。

といっても闇雲に○○キロになる、と決めるのは安直すぎますし、ダイエットの成功率を下げることにもなりかねません。

目標体重を決めるには自分の適正体重と美容体重を知ることが大事になります。

適正体重って何?計算方法はどうやる?

適正体重は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が起こるリスクがもっとも低いとされる体重のことです。

要するに健康に生きる為に適した体重ということになります。

適正体重の計算方法ですが、
身長(メートル)×身長(メートル)×22で計算されます。

例えば身長が160センチの人であれば、
1.6×1.6×22なので56.32キログラムが適正体重ということになります。

この体重をキープすることで生活習慣病の予防に繋がるので、これ以上の体重の人は健康の為にもダイエットをする必要があると言えますね。

ちなみに適正体重とは別で、女性が求める美容体重というものもあります。

美容体重って何?計算方法はどうやる?

美容体重は、健康に害がない程度で見た目がホッソリとスリムに見える美容的な観点から見た理想体重です。

美容体重の計算は、
身長(メートル)×身長(メートル)×20で計算されます。

さっきと同じように身長が160センチの人であれば、
1.6×1.6×20なので51.2キログラムが美容体重になります。

モデル体重は軽すぎる

あとは美容体重よりも軽いモデル体重というものがありますが、こちらは正直言って軽すぎると思っています。

一応計算式は
身長(メートル)×身長(メートル)×18なので、

160センチの人であれば
1.6×1.6×18で46.08キロということになります。

個人的には、標準体重より重ければ健康面を考えてダイエットをした方が良いですし、美容体重よりも軽ければダイエットの必要はないと思っています。

最近ではダイエット自体がブームになり、やせる必要がないのに痩せようとする人が多くなってきています。

過度なダイエットをすると太りやすい体質になる

過度なダイエットや強引なダイエットをしてしまうと、身体が飢餓状態だと認識してむしろ痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

短期的な目線で見るのではなく、長期的に見るのであれば過度なダイエットはしない方が体質的に痩せ体質をキープできます。そっちの方が健康面を見てもある程度年を重ねた時のことを考えても効果的です。

見た目的にもあまり細すぎると魅力がなくなりますし、ある程度の体重は健康面を考えてもあった方が良いです。

個人的な目安ですが、標準体重と美容体重の間くらいの体重を維持できるような生活をしていくことが大事なのかなという風に考えています。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP