ダイエット中に甘いものをムリなく我慢する方法をご紹介

甘い物を食べたい時どうするかがダイエット成功のカギ

ダイエット中でもダイエット中でなくても甘いものの誘惑にかられることはありますよね。

ムリしてストレスになってもしょうがないし、かといってガマンもなしに甘いものを食べてもカロリーが気になるし、悩み所です。

ダイエット中の女性にとって大きな悩みですが、これには理論的な解決法があります。きちんとした手順や方法で甘いものを食べたい気持ちを抑制する方法があります。

という訳で今日は甘いものを無理せずガマンする方法をご紹介します。

まず軽い運動で血糖値を上げ、幸せホルモン「セロトニン」を出すのが効果的

軽い運動は血糖値を上げる効果があります。甘いものが欲しい時というのは血糖値が下がっている時なので、軽い運動で血糖値を上げて甘いものを食べたくなる気持ちを抑えるという方法です。

さらに軽いやリズム運動は幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やしてくれるので甘いものを食べたい気持ちを抑えてくれる効果が期待できます。

水を飲むことも甘い物をガマンするのに効果がある

水を飲むことも甘いものをガマンするのに効果的です。たとえば身体の水分が不足している時に甘いものを食べたくなった経験はないでしょうか。大抵の人はありますよね。

食欲には本当の食欲とウソの食欲というものがあって、ウソの食欲は水分を補給することで収まるので、そういった点からも水を飲むことは効果的です。

ノンカロリー・ゼロカロリー食品はなるべく避ける

ノンカロリー食品や脂肪分抑え目食品を避けることも大切です。

最近の研究では、ノンカロリー製品に使われる合成甘味料が余計に糖分を欲しがらせる効果があるという研究結果も出ています。

まだ正式にそういった効果が確定した訳ではないですが、アンケートなどでもノンカロリー食品を多く食べる人ほど太りやすい傾向にあるようではあります。

またクッキーなどでよくありますが、脂肪分控えめのお菓子にも注意が必要です。

脂肪分を控えめにする代わりに風味を良くする為に多めの糖分が使われることも多いので注意しておきましょう。

どうしても甘いものを我慢できないなら何を食べる?

そうは言っても、ダイエット中に甘いものをガマンできないくらい食べたくなる時はありますよね。

ガマンし過ぎるとストレスになるので、適度に甘いものを食べるのは効果的です。

ではどういう食品が良いのかですが、やっぱり王道はフルーツです。フルーツは甘いですし食物繊維が含まれるものや旬のフルーツだとビタミン類も豊富に含まれています。甘いものを食べたい時はフルーツに限ります。

と言ってもフルーツを持ち運ぶのは難しいので、代わりに持ち運びが可能なドライフルーツを甘いものを食べたい時用に持っておくと良いですね。

甘いものを食べたくなったらまずこの手順を参考に

という訳で甘いものが欲しくなった時はまず水を飲んで軽く運動をしてみましょう。

それで甘い物を食べたい食欲が収まることは多いですが、それでも収まらないならフルーツやドライフルーツなどで甘いものを摂るのが良いですね。

ガマンしすぎるとストレスになって余計にダイエットにとって良くないので、きちんと甘いものを制御できる方法を知っておくことは重要です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP