ダイエットに良い悪い?食事中に水を飲むときの注意点って?

水はダイエットに効果的だけど飲み方を知っておくとさらに効果的

水がダイエットにとって効果的なのはもうご存知だと思いますが、ただ闇雲に飲むだけでは効果的ではありません。

何事も仕組みを理解しておくことは大事ですし、せっかくダイエットをするなら楽して成功させた方が良いですからね。

食事中に水を飲むときには注意が必要

食事中にはお茶を飲んだり水を飲んだりしている人は多いと思います。

もちろん食べ物がのどにつまったら大変ですし水自体はダイエットにも良いものですよね。

ただ食事中の水の飲み方には実は注意が必要なんです。

これを知っているか知らないかでダイエットの成功率が大きく変わってくると言っても過言ではありません。

食事中の水はダイエットに良いの?悪いの?

通常であればダイエットにとって水は良いものですし、なるべく水はたくさん飲んだ方が良いと言われます。

一般的には1日あたり1.5~2リットルくらい飲んだ方が良いと言われていますね。

さらに食事中に水を飲んでお腹を膨らませばそれだけ食事量を抑えられてダイエット効果がありそうな気がします。

たしかにそれも一理あるんですが、実は食事中の水の飲み方には秘密があります。

食事中にはなるべく水は飲まない方が良いんです。

もちろん食事がノドに詰まったりする危険性があるのでコップ1杯程度の水は飲んだ方が良いです。

ただ、なるべくコップ1杯程度に抑えるなど少な目にしておいた方が良いと言われています。

食事中に飲む水がダイエットに良くない理由

なぜ食事中は水をなるべく少な目に抑えたほうが良いのでしょうか。

その理由は、水を飲むことで消化に必要な胃酸が薄まってしまうからです。

胃酸が薄まると、食べたものを胃できちんと消化できずに消化不良となります。

消化不良になると身体が栄養素を摂取することができずにすぐ空腹になってしまいます。

さらに胃酸が薄まると消化酵素が薄まることも原因のひとつです。

胃で消化できなかったものはそのまま腸に届きそこでも酵素が使われてしまい、体内の酵素が不足してしまいます。

酵素が不足すると痩せにくい、太りやすい体質になってしまうという訳です。

あとはダイエットの為にはなるべく時間をかけて充分に咀嚼して食事をすることが大事なんですが、水をがぶがぶ飲んでしまうと咀嚼がおろそかになってしまうことも理由のひとつです。

という訳でなるべく食事中には水はコップ1杯程度に留めておいた方が良いんです。

ダイエットに効果のある水の飲み方とは?

もちろん食事中でなければダイエットにとって水は強い味方ですしデトックス効果もあるので、水は1日1.5~2リットル程度飲んだ方が良いです。

ただ食事の時には気を付けて、なるべく食事の30分前くらいまでに水分補給は済ませておきましょう。

食後は胃酸を薄めないようにできれば1時間ほど時間をおいた方がベターです。

ダイエットの為にと思って食事中に水をたくさん飲んでいる人もいると思いますが、飲み方を工夫するだけでダイエットはもっと楽に成功できます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP