有酸素運動は20分以上じゃないと効果ないってホント?

ダイエット目的で有酸素運動をするなら何分するのが正解なの?

「有酸素運動は20分以上続けないと脂肪は燃焼されない」と良く聞きますが本当でしょうか?

結論から言えば半分ホントで半分はウソと言えます。

そもそもなぜ「20分以上続けないといけない」と言われるかというと、有酸素運動をはじめて20分間は血液中の糖分がメインのエネルギー源として使われるからです。

20分経ってようやく脂肪がメインのエネルギー源として使われるようになるので、有酸素運動は20分以上続けないとダイエット効果は期待できません、という訳ですね。

有酸素運動は20分以上は誤解されやすい

これはたしかに正しいんですがちょっと誤解されがちなので説明しておきます。

たしかに有酸素運動をはじめて20分間のエネルギー源はメインとして糖分が使われますが、糖分だけでなく脂肪もエネルギー源として一応は使われています。

20分以上経ったあとはエネルギー源のメインが糖分から脂肪に変わる、というだけなので20分未満でも実は脂肪は燃焼され、ダイエット効果はあります。

20分未満の有酸素運動でもダイエットはできる

もちろん20分以降の方がエネルギー源のメインは脂肪になるので脂肪燃焼効果・ダイエット効果は高いのは事実ですが20分以上も続けるのはなかなかしんどいですよね。

しんどいダイエットは長続きしないしリバウンドの原因となってしまうことが多いです。個人的にはなるべく楽で長続きしやすいダイエット方法を自分なりの習慣にして欲しいと思っています。

有酸素運動は20分がひとつの目安ですがそこにとらわれ過ぎなくて大丈夫です。時間よりは日常的に継続して習慣にしていく方がダイエットにとって効果的です。

通勤時や仕事終わりの帰り道、家事の合間など自分の中で都合の良い時間を見つけて運動するだけでも脂肪燃焼、ダイエットの効果はあります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP