ダイエットに食事制限がよくない理由とは?

ダイエットで痩せたいからといって食事制限をされる方もいると思いますが、食事制限はあまりお勧めできません。

理由は食事制限ダイエットはどうしてもリバウンドの原因となってしまうからです。

例えばレストランで2人前食べないと気が済まないなど、人と比べて極端に食べ過ぎているのなら改善する必要がありますが、そこまで食べ過ぎている人は多くないのではないでしょうか。

特に女性で2人前食べないと気が済まない人はそう多くないですよね。

あくまで個人的にはですが、人と比べて極端に多く食べている訳でないのなら、しっかり3食食べても良いと思います。

きちんと3食食べないと心身にストレスがかかってしまいますので、むしろ3食食べることで幸せホルモン「セロトニン」出してストレスを取り除くことの方が重要です。

あとは、食べる総量は変えずに食事の回数を増やすことも効果的です。同じ量を3分割していたものを5分割にするようなイメージですね。

人間の身体は一度にたくさん食べても全てのエネルギーを消化することはできず、余ったエネルギーは脂肪として蓄積されてしまいます。

こういったことを防ぐために、食べる回数を増やして小分けにエネルギーを摂取するようにすれば、エネルギーが余って脂肪として蓄積されることへの対策にもなります。

ただ、あくまでも一日に食べる総量を変えずに回数を増やしましょう。

総量が増えてしまうと元も子もないので注意しましょうね。

あらためて言いますが、変に食べる量を減らしたりはしないでください。

食事制限でダイエットすると、一時的にやせることはできても筋肉量が減ってしまってリバウンドしやすく痩せにくい体質になってしまいます。

健康的な食事をきちんと3食食べて健康的に痩せていくことがダイエット成功の秘訣になります。

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP