ダイエット中の間食はドライフルーツなら太りにくい?

ダイエットは完全に間食を抜きにするとストレスが溜まり続かないですしリバウンドの原因になります。

ダイエット中とは言え楽するところは楽をして、自分にストレスを与えないことが結果的にダイエット成功に繋がります。

ダイエットに間食が有効な理由

間食と言うとダイエットの天敵にように思われがちですが、活用法次第ではダイエットに効果的になります。 通常の生活リズムだと仕事終わりに夜ご飯を食べる人が多いので、お昼ご飯と夜ご飯の間にはかなり時間が空きます。 朝ごはんを7時に食べてお昼ご飯を12時に食べればその間は5時間ですが、夜ご飯が夜の19時だとするとお昼と夜の間が7時間も空きます。すると夜ご飯を多く食べ過ぎる原因になり、結果的に太りやすい食習慣になります。 それを防ぐ為にも、お昼ご飯と夜ご飯の間に軽めの間食をとって空腹を和らげておくことは大事なポイントです。

夜ご飯を控えめにするのがダイエットの鉄則

ダイエットを成功させるなら、食べる総量やカロリーよりも食べ方を重視する方が効率がよく痩せられます。 人の身体には体内時計があり、夜に食べたものは脂肪になりやすくお昼に食べたものはエネルギーとして消費されやすい、というリズムになっています。 つまりなるべくお昼にガッツリと食べて夜は抑え目にしておいた方が脂肪になりにくい、痩せやすい食事になるという訳です。

夜ご飯を抑え目にする為にも15時前後に間食を

お昼ご飯から夜ご飯までは時間が大きくあくことが多いので、その間にちょっと小腹を満たしておくことは夜ご飯の量を抑えるための重要なポイントです。

オススメの間食はドライフルーツ

小腹を満たすのにオススメの間食はドライフルーツです。

ドライフルーツは水分を飛ばしているので甘みが凝縮され、ダイエット中の甘い物欲を満たしてくれます。

またドライフルーツには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が豊富な食べ物はよく噛んで食べる必要があるのでおやつとして食べ過ぎを防いでくれます。さらに食物繊維の豊富な食べ物は胃の中に長く留まるので腹もちが良いのでダイエットに効果的になります。

さらにドライフルーツは「低GI食品」なので脂肪の蓄積につながりにくいと言われています。

そして最大のメリットは持ち運びができること。

たとえばダイエット中に生のフルーツを持ち歩いておやつとして食べられるなら良いですがそういう人は少ないです。その点ドライフルーツなら持ち運びができるのでどこでも食べることができる点が魅力的です。

さらに食物繊維や鉄分、ミネラルも補給できるのでダイエットにとって強い味方になってくれます。

間食をうまく利用して夜ご飯の量を減らすのがダイエットのコツ

もちろんドライフルーツにもカロリーはあるので食べ過ぎはNGですが、小腹がすいた時にお菓子を食べるよりはドライフルーツを食べた方が低カロリーで済みます。

食物繊維が豊富で腹もちが良くて、夜ご飯の量を抑えることができる間食にドライフルーツを利用するのは効率の良いダイエット方法なのでオススメです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP