お風呂タイムをダイエットに活用できる温冷浴の効果とは?

ダイエットをする人にとってお風呂は絶好のチャンスタイムです。

お風呂の入り方で身体の代謝を高めダイエット効果を上げ、また痩せやすい体質を作ることも期待できます。

そんなお風呂の入り方で今回ご紹介するのは温冷浴です。

温冷浴というのは読んで字の如く、温かいお湯と冷たい(冷たすぎないように注意)水を交互に浴びる入浴法です。

では温冷浴にはどのような効果があるのでしょうか。

まず、温かいお湯を浴びると人は副交感神経が優位になって血管が広がります。

そして、冷たい水を浴びると人の身体は交感神経が優位になって血管が収縮します。

これを交互に繰り返すことで、自律神経が調整されてバランスがよくなり、血管が柔軟性を取り戻して血の巡りがよくなります。

さらに冷え性や低体温症の改善、基礎代謝のアップなども期待できダイエットにも効果があると言われています。

具体的なやり方ですが、まず温冷浴をする前にはコップ1杯程度の水分を摂っておきましょう。

そしてお風呂に入り、まずは40度前後のお湯につかります。

ある程度身体が温まったらいよいよ冷浴です。

冷たいと言っても冷たすぎると刺激が強いので、シャワーで40度前後から温度をゆっくり下げ、徐々に温度差を広げていくようにしましょう。

体調の悪い時にはやらないように注意が必要ですが、なるべく日々の習慣にしていくと痩せ体質になってダイエット効果が期待できます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP