「ダイエットの天敵」夜食を防ぐコツって?

ダイエットにとって一番の天敵と言える夜食。

夜食を防げるかどうかでダイエットが成功するか失敗しるかは大きく変わってきます。

ちなみになぜ夜食は太るかの理由ですが、簡単に言うと、夜は代謝が低くなっているのでその時間帯にカロリーを摂取することで脂肪に変わりやすくなってしまうからです。

今日はそんなダイエットの失敗させる原因ともなる夜食を防ぐコツを紹介したいと思います。

まずはおなかが空いたら水やお茶などの水分を摂るようにしましょう。空腹感には2種類あってホントの空腹感とウソの空腹感があります。水分を摂ることでウソの空腹感を防いでくれる効果が期待できます。

また、軽い運動をすることで空腹感を解消することもできます。ちょっと前にテレビで話題になった「その場ダッシュ20回」というのも効果的です。

あとは体重計で体重を測ることでダイエットへの意識をもう一度高めることなども効果的です。

とは言っても、どうしてもお腹がすいてしょうがない時には何か食べないとストレスになってしまいます。

そんな時にはなるべくカロリーの低いものを食べてストレスをためないようにしましょう。

具体的には、甘いもの系だとガムやこんにゃくゼリーなどで、塩っ気がどうしても欲しいときはカロリー低めのわかめスープなどです。

ストレスをためないようにうまく空腹感を解消してあげることがダイエット成功の秘訣です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP