隠れメタボに気を付ける。

メタボとはメタボリックシンドロームの略称で、内臓脂肪症候群のことです。

メタボならメタボと診断された方がかえって健康に気を付けるようになるので良いのですが、中には隠れメタボと言われる人たちも多く存在しています。

なぜ隠れメタボといった人たちが出てきてしまうのでしょうか。

それはメタボの基準に秘密があります。

メタボ診断でまず基準になるのはウエストのサイズです。

男性は85センチ、女性は90センチ以上のウエストサイズというのがまず基準になります。

そのウエストサイズを超えた人で、高脂血症、高血圧、高血糖、のうち2つ以上に該当する人がメタボとして認定されます。

なので逆に言えば、ウエストは85センチ以下だけど、高脂血症や高血圧、高血糖の人がいてもメタボとは診断されません。

メタボと診断されないとかえって気を付けなくなる可能性もありますし、ウエストは90センチ以下であってもメタボの症状が出ている人は多く、そういった人こそ食生活などを見直す必要があります。

また、日本では女性のウエストの基準が90センチとなっていますが、国際糖尿病連合の基準では80センチとなっています。

個人的には女性のウエスト90センチというのはかなり甘目な基準というか、国際的な基準の方が信用に足るかと思います。

なので自分のウエストが90センチ以下だからといって安心せずに健康的な食生活や生活習慣には気を付けていきましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP