早食いを防ぐ意外な方法?

ダイエットの天敵といえば早食いです。

満腹中枢は食べ始めてから30分たたないと正常に作用しないので、早食いをするとどうしても食べ過ぎてしまう傾向があります。

食べ過ぎても満足感や満腹感が得られないのは実にもったいないことです。

なので食事は早食いを防ぎ、なるべくなら時間をかけて食べた方が良いです。

早食いを防ぐために食事は良く噛んで食べるとか色々と方法があります。

そんないろいろな方法の中で意外と知られていなくて効果が高い方法があります。

それは利き手じゃない方の手ではしを持つことです。

右利きの人ならふつうは右手ではしを持つと思いますが、それを逆にする方法です。

右利きの人が左手ではしを持って食事をするとどうしてもはしをうまく使えません。

はしを思ったように操作できないので、同じ食事をするにしてもより時間をかけて食事をすることになります。

これで早食いを防ぐことができます。

ちょっと王道のダイエット方法とは言えないかもしれないですが、実は意外と効果があります。

ただあまり利き手じゃない手にこだわり過ぎるとかえってストレスを感じてしまう人もいるので、そういった場合はやめておきましょう。

なるべくストレスを感じないように、これをやる時はゲーム感覚で取り組むと効果的です。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP