栄養の偏りを防ぐちょっとしたコツ

一日30品目というのは昔からよく言われていますが、最近は30という数字がひとり歩きしてしまい、30品目食べることに意識が向きすぎて食べ過ぎる人も出て来ているようです。

なので最近は、主食と主菜と副菜をバランス良く食べる、といった表現になっているようです。

30品目にこだわる必要はたしかにないですが、主食と主菜、副菜をバランスよく食べるというのはとても重要なことです。

そしてなるべく色々な種類の食事をバリエーション豊かに食べることが大事なのですが、普段生活していると同じものばかりを食べる傾向に陥ることはよくあります。

飲食店でのオーダーやスーパーでの買い物など同じものばかりになってしまうことは多いですが、そういったことを防ぎ、いろいろな食材をバランスよく食べるように工夫することも大事になってきます。

そこで、たとえば飲食店などでは自分の食べたいものよりも他の人と同じものを注文してみたり、スーパーでは他の人がかごに入れているものを買ってみるなど、自分の行動パターンをあえて崩してみることをオススメします。

キレイな人はスーパーでの買い物も身体に良いものを買っていることは多いので、スーパーでキレイな人を見かけたらその人が買っているものをチラッと見てみるのは意外と参考になることが多いです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP