余りやすい食材「そうめん」をダイエットに活かす方法

そうめんと言えば夏の食べ物ですが、夏以外でも意外とあまっている人は多いのではないでしょうか。

そんな余りやすいそうめんですが、ダイエットにも使える食材です。

そうめん一人前(2束)のカロリーは約350キロカロリーとなっていて、これは冷やし中華(約500キロカロリー)やしょう油ラーメン(約500キロカロリー)と比べても低カロリーで済みます。

もちろんそばやうどんなど比較的低カロリーの麺類もあるのでそうめんがそれらの中で一番すぐれている訳ではないですが、調理が簡単で日持ちする食材なので使い勝手は良いです。

またご飯とくらべ脂質や糖質の代謝を促進するビタミンB群が含まれているのでそういった面でもダイエットに効果が見込めます。

そんなそうめんでダイエットをする時は重要になるのが薬味です。

ねぎ、しょうが、卵、納豆、鶏肉、わかめ、海藻類、しそ、レモン、梅干し、など薬味はたくさんあります。

それぞれにそうめんだけでは摂取できない栄養素があるので、いろいろな薬味を合わせてそうめんを食べることで栄養バランスの偏りを防ぎつつ、そうめん自体の量も控えつつ、食事ができます。

そうめんは夏だけではなく一年中食べれる食材ですしにゅうめんにすれば冬場にも食べることができるので、いろいろ薬味や具材を加えて食べてみるのも良いですね。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP