幸せホルモン「セロトニン」を増やしてダイエット

一般的に脳のは、太る脳とやせる脳があると言われています。

太る脳というのはストレスを感じている脳で、痩せる脳というのはストレスを感じていない脳です。

そしてこの太る脳とやせる脳を分けるカギになっているのが別名「幸せホルモン」と言われるセロトニンです。

セロトニンはリラックスしていたり気持ちが満ち足りている時に分泌されるホルモンで、食事をしても満腹感や満足感を与えてくれます。

ストレスを感じている脳はセロトニンが不足しているので、食事をしても満腹感や満足感を得られないので結果的に食べ過ぎやドカ食いを招いてしまいます。

なので過度なダイエットや無理なダイエットをしているとストレスがたまり結果としてリバウンドしたりダイエットが失敗してしまう、という訳です。

ダイエットを成功させたいならストレスを感じ過ぎないように無理をしすぎないように、バランスよく食事や運動をすることが重要になります。

そして普段の生活からセロトニンを意識して増やしていけるような生活を心がけることが大事になります。

ちなみに食事で言えば赤身の魚や肉、牛乳やチーズなどの乳製品に多く含まれています。

なのでダイエットをしてるからといって肉を絶ったりするのは栄養的に見てもよくないですし、幸せホルモンセロトニンを分泌させるためにも適度に肉を食べるのは良いことです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP