ウソの食欲とホントの食欲って?

食欲にはホントの食欲とウソの食欲があります。

ホントの食欲というのは、体内や血液中の栄養素が不足して自然と身体が食べ物を求める時の食欲です。

ウソの食欲というのは、たとえば好きな食べ物を見た時や決められた時間を食事の時間だと思ったりしたときに脳が空腹だと勘違いする食欲のことです。

たとえば就職や転職などで生活のリズムが変わった時などに、きちんと食事をとったのに以前の食事の時間になるとなにか食べないと落ち着かない気持ちになったりとそういった食欲が嘘の食欲です。

このようなウソの食欲に惑わされて、その都度なにか食べていては当然食べ過ぎになってしまうので注意が必要です。

転職などで生活リズムが変わった場合はしょうがないのですが、不規則な食生活を送っている人もこのようなウソの食欲に騙されやすくなっているので注意しておきましょう。

また転職などで生活リズムが変わった方で朝ごはんの時間がズレた場合は昼食と夜ご飯の時間も合わせて調節する方が望ましいです。

ダイエットを成功させる為には自分の生活リズムに合わせて食事の時間や回数もきちんと調整することが大事になってきます。

また不規則な生活をしていてはどうしても食事のリズムが崩れてしまうので、なるべく規則正しい生活を送るようにしましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP