キャベツダイエットの効果とは?

野菜とダイエットという王道の組み合わせです。野菜は低カロリーなので当然と言えば当然ですね。

ただ、キャベツを食べていればやせるかと言えばそうではなくて当然キャベツダイエットにはキャベツダイエットのやり方があります。

キャベツと言えばトンカツのつけ合わせになっていたり、食中に食べるイメージが強いと思います。

ですがキャベツダイエットは食前にキャベツを食べる方法です。

食べる時はよく噛んでゆっくりと、時間をかけて食べることが重要です。

食前に目安として10分くらい時間をかけて、生のキャベツに低カロリーのドレッシングをかけて食べます。

食前に良く噛んで低カロリーのキャベツを食べるので満腹中枢が刺激され、その後の食事での食べ過ぎを防ぐことができます。

キャベツはビタミンが豊富に含まれているので火を通すよりは生で食べる方がより効果的です。

また火を通してしまうとキャベツが柔らかくなってしまい、長時間かむことができなくなってしまいます。

なのでキャベツダイエットの際には生で食べるようにしましょう。

ただ当然ですが、食前にキャベツを取る訳ですがきちんと食事はとりましょう。

キャベツだけを食べる、といった極端なやり方はリバウンドの原因になります。

ダイエット食の基本はバランスよくカロリーを抑えるで、体質から改善していくことでリバウンドを予防できるようになります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP