腹式呼吸とダイエット

息をするようにダイエットをする、というと語弊がありますが、普段意識することの少ない呼吸法にもダイエットの秘訣はあります。 たとえば腹式呼吸。 腹式呼吸というのは横隔膜を動かして呼吸する方法で、空気を体内に多く取り込むことができるので有酸素運動と同じような効果があると言われます。 まずは腹式呼吸のやり方です。 まず息をすう時は鼻から空気を吸い込みます。そしてその時おなかを膨らませながら肺に空気を取り込みます。 そして息をはく時は口からゆっくり吐き出します。この時はおなかをへっこませながら体内にある空気をぜんぶ吐き出すようなイメージではきだします。 これだけです。 これで横隔膜が上下に動き、それによって腹筋がきたえられくびれ効果も期待できます。 そしてインナーマッスルが鍛えられるので基礎代謝も良くなりやせ体質になります。 さらにお腹をふくらませたりへこませたりすることで腸にも刺激がいき、便秘解消にも効果が期待できます。 やり慣れていない人からするとはじめはしんどいと思います。5分くらいでしんどくなると思います。 はじめはそれでも良いので徐々に時間を伸ばしていって、普段から意識しなくても腹式呼吸ができるようになればかなりやせ体質になれてくびれも期待でき便秘も解消されるかと思います。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP