日焼けを防ぐ「食べる日焼け止め食材」で内側から美白ケアを。

だいぶ暖かくなりアウトドアの季節になりました。

アウトドアと言えば日焼けがつきもので、日焼け止めを塗って臨んでもやっぱり日焼けはしてしまいます。

日焼け防止には外側と内側、両方からのケアが大事

日焼けを予防するには日焼け止めを活用するなど外からのケアが大事です。ただ、外からのケアだけでなく内側からのケアも同じくらい大事なことです。

ちなみに日焼け防止の為の、内側からのケアで大切なポイントは抗酸化力です。

人の身体は紫外線を受けると、身体の中の活性酸素が刺激されさらに強い活性酸素に変化してしまいます。また紫外線を受けるだけで、身体を守ろうとして活性酸素が発生してしまいます。

そんな活性酸素は動脈硬化や老化促進など身体に対して悪影響をあたえるものなので、食べ物を通じて内側からケアをしてあげることが大事になります。

抗酸化力の王様「バナナ」

基本的に「日焼け=活性酸素」です。日焼け=活性酸素の悪影響を最小限におさえるには、活性酸素から細胞を守ってくれる抗酸化力の高い食べ物が効果的です。

そんな抗酸化力の王様と言えばバナナです。バナナは数ある食べ物のなかでもトップレベルの抗酸化力を持っています。

ちなみにバナナを食べる時に皮をむくと「すじ」があります。このすじはバナナ全体に栄養分を送る働きをしている部分なので、バナナの中でもとくに抗酸化作用が強いです。

普段は皮といっしょにスジも取り除いている人も、日焼け後の「食べる日焼け止め」としてバナナを食べるならスジは取らずにそのまま食べましょう。

もちろん普段からバナナを食べる時にもスジを取らずに食べた方が高い抗酸化作用を得られるのでオススメです。

ビタミンCはビタミンEと一緒に摂る

日焼け防止と言えばビタミンCがまず思い浮かびます。美白といえばビタミンCと言われていますし当然のことです。

ビタミンCはシミの予防やメラニンが増えるのを抑えてくれて肌の色素沈着を防いでくれる効果があります。

ただビタミンCはそれ単体で摂るよりもビタミンEと一緒に摂った方が効果がさらにアップします。

ちなみにビタミンCが多い食材と言えば柑橘系、レモンやグレープフルーツ、オレンジなど。あとは緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンEはアボカド、大豆食品、ゴマ、ナッツ類、豚肉、うなぎなどに多く含まれています。

日焼け後に食べるならビタミンCの多い食材と一緒にビタミンEの豊富な食材を忘れずに食べましょう。

βカロテンの豊富なニンジン、かぼちゃ

日焼けをすると体内の活性酸素が増えてしまいますが、活性酸素の生成や働きを弱めてくれるのがβカロテンです。

ちなみにβカロテンはβカロチンと呼ばれることも多いですが、正式にはβカロテンと言います。

そんなβカロテンが豊富な食材と言えば、ニンジンやかぼちゃ等の緑黄色野菜です。緑黄色野菜はビタミンも豊富なので、食べる日焼け止めフードとしてかなり優秀な食材と言えます。

美白の王様トマト

そして何と言っても美白といえばトマトです。トマトは美白の王様と言っても良いくらい美白効果の高い食材として知られています。

トマトの赤い色のもとになっているのがリコピンと呼ばれる栄養素ですが、このリコピンがスゴイ抗酸化作用を持っています。

ちなみにリコピンの抗酸化力はβカロテンの2倍以上とも言われ、かなり美容美白効果の高い食材となっています。

さらにトマトに含まれるリコピンは日焼け予防だけでなく美白効果やシミ、シワの予防にも効果を発揮してくれます。

ちなみにトマトは加熱することや、油と一緒に摂ることで身体への吸収が良くなります。そのためトマトを食べるならオリーブオイルをかけたり、オリーブオイルで炒める方が効果的でオススメです。

アフターケアで日焼けを防ぐ

アウトドアは日焼けによる悪影響もありますが、たのしいですし健康的なイベントでもあります。日焼けするからと言ってアウトドアをしないのはもったいないです。

日焼けを防ぐ外からのケアと、内側からする日焼け後のアフターケアをしっかりしましょう。そうすればアウトドアの日焼けはこわくなくなります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP