下半身やせに効果ありの内またダイエット

ダイエットをする際に下半身を部分的に痩せたい人も多いと思います。

下半身を細くするにはむだなぜい肉を取ることも大切ですが、骨盤のゆがみなどが原因になっていることも多いです。

骨盤が開いているとむだな肉がついていなくても下半身がなかなか細くなってくれません。

今回紹介するのは、骨盤の開きを修正して下半身を細くする効果が期待できるエクササイズです。

このエクササイズはタオルを使うのでまずタオルを用意します。

バスタオルのような大きなものでなくて普通のサイズのふつうのタオルで大丈夫です。

用意したタオルをぐるぐると丸めてそれを太ももに挟み、両足で強くしめるようにします。

意識するのは太ももの内側の筋肉です。

太ももを細くするには太ももの内側の筋肉を鍛えると効果的です。

だいたい30秒から1分くらいを目安にしましょう。

そして太ももが終わったら、今度は膝でタオルを挟み同じように内側につよくしめつけるようにしましょう。

ひざの方もだいたい30秒から1分くらいを目安にすれば大丈夫です。

この運動で大事なのは足の内側の筋肉を意識することです。

太ももなどの内側の筋肉は普段の生活で意識して使うことが少なく、どうしてもむだなぜい肉がつきやすい部位です。

なのでこのエクササイズで太ももの内側を鍛えるとともに、骨盤の開きも修正できて、下半身をキレイに細くする効果が期待できます。

Menu

HOME

 TOP