有酸素運動でやせるメカニズム

有酸素運動という言葉の響きだけでもう敬遠したくなってしまう人も多いとは思います。 ですがダイエットと有酸素運動は切っても切れない関係ですし、有酸素運動のイメージを変えてみると見え方も変わってきます。 有酸素運動というと大変そうだと先入観で思ってしまう人も多いとは思います。 ですが、たとえば青い空の下緑の多い公園で小鳥のさえずりを聞きながらウォーキングをしたり、そういうイメージなら大変そうな感じもしないのではないでしょうか。 有酸素運動は空気を身体に取り込んで身体の脂肪と糖質を分解しそれをエネルギーにして燃焼させる運動なので、ダイエットにとってもっともよい運動でもあります。 しかも、有酸素運動で燃焼されるのは内臓脂肪がまず燃焼されます。 この内臓脂肪、病気の原因になることも多いものなので、それを燃焼させることができる有酸素運動は健康維持にとっても非常に効果の高い運動なのです。 有酸素運動をする場合、まずは血流の中の糖分をエネルギーとして使い、それが終わると筋肉や内臓に蓄えられたグリコーゲンをエネルギーとして使い、それが終わると内臓脂肪や体脂肪を燃焼させます。 時間にすると15~20分経過してはじめて内臓脂肪や体脂肪を燃焼させはじめるので大変ですが、無酸素運動のようなキツイ運動ではなくウォーキングや水泳など比較的楽な運動で大丈夫なので継続して行うようにしましょう。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP