【ダイエット】お風呂に入る〇〇分前に水分補給をすると痩せる!

お風呂上りには喉が渇くので水分補給をする人も多いですが、ダイエット目的でお風呂に入るなら、入浴前に水を飲んでおく方が効果的です。

さらに、〇〇分前に飲む、というルールを作っておけば更に入浴効果をアップさせることもできます。

お風呂は汗をかく

お風呂に入った後は喉が渇きます。これは当たり前のことで、お風呂に入っている間に汗をかくからです。

普通の人が普通に入浴すると、だいたい300~500mlもの汗をかきます。イメージとしては、缶ジュース1本分くらいの汗が全身から出ている感じです。

それだけ汗をかくということは、当然身体の中の血液も粘度が高くなり、いわゆるドロドロ血になってしまいます。

ドロドロ血で入浴すると危ない

お風呂に入ると身体が温められるので血圧が上がります。

サラサラ血で血圧が上がる分にはまだ大丈夫ですが、ドロドロ血の状態で血圧が上がると血管が詰まったり、場合によっては血管が破れる危険性もあります。

お風呂で事故が起こりやすいのも血圧の上昇が原因になるケースは多く、脳卒中や心筋梗塞などの症状になって現れることも少なくありません。

入浴前に水分補給をして血液をサラサラにしておく

お風呂での脳梗塞などの事故を防ぐ為には、血液をサラサラにしておくことが大事なポイントです。

普段から血液をサラサラにする為に、血液サラサラ効果の高い玉ねぎなどを意識して食べたり健康的な食生活を送っていれば良いですが、皆が皆そういう食事を摂れる訳ではありません。

とりあえずどんな人でも、一時的に血液をサラサラにするには水分補給をするのが一番です。その為、お風呂に入る前には水分補給をするのが効果的になります。

入浴の15分前に水分補給を

具体的に血液をサラサラにして入浴するには、入浴する15分前に水分補給をしておくのが効果的になります。

血液は水分を補給して15分ほど経ってからサラサラ血になりますので、水分を補給してすぐ入浴するよりも、15分経って入浴した方が効果的です。

飲む量に関しては、ふつうにコップ1杯程度の水で充分なのでお手軽です。

入浴後にも水分補給はしておく

もちろん入浴すると300~500mlも汗をかくので、入浴後の水分補給も大切です。

入浴前に水分を補給してサラサラ血になった状態で入浴すれば代謝も上がります。さらにお風呂から上がった後に、お風呂で汗をかいた分の水分補給をすることで、体内の水分が入れ替わり代謝がアップします。

お風呂で代謝を上げてダイエット効果をアップさせる

ダイエットを成功させる為には、いかに普段の生活に痩せる習慣を取り入れるかが大事なポイントになります。

お風呂は毎日入るものなので、そこで身体の代謝をアップさせる習慣を作っておけば、毎日のお風呂でダイエット効果を得ることが可能になります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP