芋は太る?いや、美肌効果、ダイエット効果バツグンの優れた食材。

芋と言えば女性の好きな食材で名前が上がることが多く、同時にその甘さのせいで太りそうなイメージをもたれています。

実際のところは、イモ類は太るどころか、美肌効果やダイエット効果のある優れた食材です。

芋のビタミンACE

例えばサツマイモにはビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。その量は、イモ1本で1日分の必要量を満たすほどの多さです。さらに黄色いサツマイモにはビタミンAも含まれています。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEはまとめてビタミンACEとも呼ばれ、一緒に取ることで抗酸化作用が大きくアップします。

その為、サツマイモを食べることで抗酸化作用、アンチエイジング効果が期待でき、シミやシワの予防や改善、キメの細かいつるつるの肌になれます。

ビタミンBも豊富で代謝が良くなる

芋にはビタミンB群も豊富に含まれています。

ビタミンB群は脂質の代謝を良くする効果があるので、ダイエット効果の高い栄養成分です。代謝が良くなる、ということは肌の新陳代謝にも効果的なので、ニキビや肌荒れなど肌トラブルの解消にも効果的です。

さらに紫芋にはブルーベリーや赤ワインに含まれるアントシアニンが豊富で、かなりの抗酸化作用、アンチエイジング効果が期待できます。美肌にはもってこいです。

食物繊維が豊富

芋類と言えば食物繊維が豊富なことで有名です。

食物繊維は腸内環境を整える効果があります。その為便秘の解消や美肌効果が高く、しかも消化がゆっくりなので腹もちが良いのが特徴です。

腹もちが良い為、その後の食事の量を減らす効果が期待できるので、ダイエット効果が高い食材です。

さらにサツマイモを切った時に出る白い液体はヤラピンと呼ばれ、こちらも整腸作用のある成分となっています。その為サツマイモは便秘解消の為の強い味方になってくれます。

芋のカロリーについて

芋はカロリーが高くて太りそうなイメージですが、食物繊維が多く満腹感を感じやすく腹もちが良いので、使い方次第でダイエットの強い味方になります。

色々な芋100グラムあたりのカロリーを並べてみます。

サツマイモ 132キロカロリー
サトイモ 50~60キロカロリー
ジャガイモ 70~80キロカロリー
ヤマイモ 60~70キロカロリー
こんにゃく 5~10キロカロリー

普通の白米が100グラムあたりで約160~170キロカロリーなので、白米と比べ芋類は全般的にカロリーは低くなっています。とくにカロリーが低いのはこんにゃくで、ダイエットをする際のカサ増し食材として人気です。

その他の芋も、サツマイモを除けば白米の1/2か1/3程度のカロリーしかありません。

芋を食事に取り入れるレシピ

サツマイモの最もカンタンな調理法は、濡らしたキッチンペーパーでくるみ、レンジで3~4分程度(レンジによって違います)温める方法です。

もうちょっとこだわりたい場合は、濡らしたキッチンペーパーにくるみ、まずレンジで1分ほど加熱します。その後10分ほど解凍モードでじわじわと温めるとおいしくなります。

芋はゆっくり低温で温めるほど甘みが増します。

サトイモ等はスーパーで水煮などが売っているので、それを買っておけば日持ちもして良いです。いろいろなおかずの中の1種類に取り入れることで栄養バランスが良くなります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP