「ちくわ」は意外と優れたダイエット食材

ちくわは満腹感を得られる割に、1本食べてもたったの35キロカロリー程度と低カロリーです。意外と知られていない、穴場のダイエット食材です。

ちくわのダイエット効果

商品にもよりますが、ちくわは1本あたり30~35キロカロリーと低カロリーの食材です。それでいて満腹感も得られるのでダイエットに向いています。

さらに魚の身と卵の白身で作られているので高タンパクで低脂肪と、栄養面でもかなり優れた食材です。こういった食材は積極的に日々の食事に取り入れていきたいですね。

ちくわを夜食やおやつ代わりにする

ちょっと小腹がすいた時に何を食べるかで、ダイエットできるかどうかが大きく分かれます。

おやつ代わりについスナック菓子を食べたり、夜食にちょっとお茶漬けを食べたり。そんな食生活ではどうしても太ってしまいます。

ちょっと小腹がすいたタイミングこそ、高タンパク・低脂肪で低カロリーなちくわで腹を膨らませるとダイエットに非常に効果的です。しかもちくわは腹もちが良いので1本食べれば夜ご飯までお腹をもたせることができます。

ちくわを使ったアレンジレシピ

ちくわは栄養もあって低カロリーな食材なので、積極的に日々のレシピに取り入れていきましょう。

炒め物に使う

野菜炒めに入れる肉の代わりにちくわを使うことでカロリーを抑える事ができます。さらにちくわに含まれる塩分が良い味付けにもなるので美味しく食べられます。

オススメの具材はチンゲン菜やキノコ等です。ちくわとの相性が良く、美味しく仕上がります。

煮物にも使える

煮物ともちくわは相性が良いです。代表的なのはおでんですね。

その他にも、キャベツとちくわの煮びたしも美味しいです。これはホントに簡単です。かつお出汁でキャベツとちくわを5分ほど煮て5分ほど休ませるだけです。

味付けはちくわの塩気があるので、日本酒としょう油を少し入れるだけで充分です。アクセントとして七味を入れても美味しくなります。

ちくわは大根おろしにも合う

あとは大根おろしにちくわを入れても美味しいです。大根自体が魚との相性が良いのでちくわとも相性は良いです。

味付けは大根おろし用にしょう油でも白だしでも、ポン酢でも何でも合います。大根もちくわも優れたダイエット食材なので、夜ご飯に1品添えるだけで満腹感を得ながらカロリーを大きくカットできます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP