ダイエットするならご飯(炭水化物)を食べて痩せよう。

炭水化物抜きダイエットは短期的に痩せますが、ほぼ間違いなくリバウンドします。

人の身体の仕組みとして、炭水化物や糖質が不足すると身体が省エネモードに入り、食べたものをどんどん脂肪として蓄えようとします。

その状態で炭水化物を解禁すると脂肪を蓄えやすくなっている分、一気にリバウンドします。

炭水化物であるご飯は太るどころかダイエットの味方

「ご飯は太るから。」と炭水化物を抜いてダイエットをしている人は多いですが、実際のところご飯はダイエットの味方にもなります。

ご飯は脂質などと比べると脂肪になりにくいものですし、何より腹もちの良い食材です。腹もちの良さを活かせば、お昼ご飯をたっぷりと食べれば夜ご飯は少な目にしたりもできます。

またご飯で糖質を補給することで、甘い物への欲求が湧きにくくなる効果もあります。ご飯を適切に食べることで、太りやすいお菓子への誘惑を絶つことができるので、そういった面でもダイエットに効果的と言えます。

ご飯にはダイエット効果に加え美容効果も

炭水化物抜きの偏ったダイエットは体調にも悪影響があります。

具体的には血液がドロドロになって肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因になったり。あとは髪にツヤがなくなり、抜け毛が多くなるなどの影響もあります。

そういった事を防ぐ為にも炭水化物は必要です。ダイエットは健康を害してするものではないです。バランスの良い食事と適度な運動で健康的な生活習慣を作ることがダイエットの一番のコツです。それが習慣になれば身体は勝手にスリムで引き締まった身体になります。

ご飯は1日にどらくらい食べれば良いの?

その人の体重やどれくらい身体を動かすかにもよりますが、基本的に女性の1日の摂取カロリーは1400キロカロリー程度を目安にしましょう。

1日に1400キロカロリーを摂取するならご飯はその半分の700キロカロリーが目安になります。

ちなみにお茶碗1杯分のご飯はだいたい140グラムです。140グラムのご飯で約235キロカロリーなので、朝昼夜の3杯でちょうど700キロカロリー前後になります。

一度、自宅のお茶碗1杯分でご飯は何グラムになるのか測っておきましょう。そうすれば日々の摂取カロリーの目安になります。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP