ダイエット中でも太らない間食の食べ方は体内時計とBMAL1がカギ

間食、おやつと言えば太りそうなイメージを持たれがちですが、活用方法によってはダイエットの味方にできます。

体内時計と間食の関係

人の身体には体内時計のリズムがあります。

体内時計のリズムに合わせて活動と休憩を繰り返していて、内臓も例外ではありません。

つまり、活動している時に食べれば消化しやすく、休憩している時に食べたものは消化されずに脂肪として身体に蓄積されてしまう、ということです。

この体内時計のリズムを食事に取り入れれば、同じカロリーの同じ量の食事を食べても太りにくくなります。

血糖値の下がる時間帯に食べると太りにくい

人の身体は体内時計に合わせて活動、休憩を繰り返していますが、そのリズムのカギが血糖値です。

血糖値は上がったり下がったりを一日の中で繰り返しています。一般的に血糖値が下がりやすいタイミングは次の3回です。

1回目:午前6~7時頃
2回目:午前10~11時頃
3回目:午後16~17時頃

この血糖値が下がったタイミングで食事を摂ることで消化がスムーズになり痩せやすく太りにくい食事となります。

6~7時は朝食の時間で10~11時はちょっとずれますがお昼ご飯の時間、そして16~17時が間食の時間になります。

BMAL1の働きを活用する

体内時計を調節するカギは血糖値だけではありません。

BMAL1(ビーマルワン)と呼ばれるホルモンも体内時計を調整してくれる役割をはたしています。

BMAL1はその増減によって生活リズムを整えてくれます。一般的にお昼は少なく夜になると増えるリズムになっています。

BMAL1は脂肪を体内に溜めこもうとする働きがあるので、BMAL1が増える夜にたくさん食べると脂肪になりやすくなります。

逆にお昼はBMAL1が少ないので、夜に比べて同じ量の食事を食べても太りにくくなります。

そんなBMAL1が1日の中でもっとも少なくなる時間帯がお昼の14~16時頃となるので、その時間帯に合わせて間食をとれば太りにくくなります。

間食、3時のおやつはダイエットに効果的

夜ご飯を少な目に抑えることはダイエットの基本中の基本です。

その為にも、BMAL1が最も少ない14~16時の間、そして血糖値が低くなりやすい16~17時頃、それくらいの時間に間食を食べてお腹を満たしておくのは大事なことです。

もちろん太りにくい時間帯とはいえ高カロリーのおやつを毎日食べては太ります。カカオ多めのチョコレートやヨーグルト、ドライフルーツなどお菓子の中で比較的太りにくいものを選び、ガマンしすぎないように間食を食べれば楽にダイエットを継続できます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP