姿勢を良くする胸張りダイエット

ダイエットと姿勢は切っても切れない関係です。 姿勢が悪い人は太っている傾向が強いですし、姿勢がスッとしてて美しい立ち姿の人は体型も均整がとれている傾向が強いです。 また姿勢が悪いと骨盤まわりや肩甲骨まわりの筋肉が働かなくなります。 骨盤まわりや肩甲骨まわりの筋肉は身体の代謝に大きくかかわる部分なので、きちんと動かして基礎代謝を上げることは重要です。 そこで、肩甲骨まわりの筋肉をしっかり動かすための方法です。 まず身体のうしろで手を組みます。 そしてうしろで組んだ手を上下に動かします。 うしろに組んだ手を上下に動かしながら、胸をしっかり張ることを意識しましょう。 さらに上下の運動とともに左右に動かしてみましょう。 この時は両肩が前から後ろに行くように意識をしましょう。 現代人の生活習慣ではどうしても肩が前に出て背中の筋肉が凝り固まってきがちです。 それをこの胸張り体操で改善できます。 肩が前に出ているのを改善して背中の筋肉をほぐしてあげると非常にスッキリします。 マッサージやエステなどでも背中の筋肉をほぐすことは良くやりますが、それも背中の筋肉は凝り固まりやすいからです。 なので普段から意識して背中の筋肉をほぐし、両肩が前に出ないようにしてあげておけば姿勢も良くなり代謝も上がり、痩せやすい体質になることができます。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP